こんにちは!ショウコです!
想い合う気持ちには気が付きながらも、立場のせいでなかなか近づくことができないスンユとセリョン。
いつになったらハッピーになれるのでしょうか。では、続きをどうぞ!


王女の男
7話
スンユの本当の気持ちを知ったセリョンは喜ぶが、自分の正体を明かすことができず、名前はヨリだと、偽ってしまう。
朝廷では、左議政のキム・ジョンソがコントロールをしていて、スヤン大君を政治から締め出していた。そんな状況下の、スヤン大君だったがひそかにキム・ジョンソの殺害を計画していた。
しかし、、左議政のキム・ジョンソを殺すことは簡単ではない。そこで、娘のセリョンとスンユの縁談を再度キム・ジョンソに提案し、近づく計画を立てるのだった。
スンユのと再度の縁談に喜ぶセリョン。しかし、スヤン大君がこの計画について妻と話しているのを聞いてしまう。
8話
「キム・ジョンソ殺害計画」を娘のセリョンが聞いてしまったと知った母は、セリョンを監視するが、それでもセリョンはスンユに何とか伝えようとする。
そんなセリョンの行動に母は怒り、セリョンを閉じ込めてしまう。そんな状況でもセリョンは諦めず、じぶんの指を傷つけて血で「僧法寺 ヨリ」というメッセージを書き、女官のヨリに託すのだった。
一方、スヤン大君は「役人の身分であるスヨンが女官に手を出している。それは罪に当たる。」という書状をキム・ジョンソに送り、キム・ジョンソの家に向かっていた。
スヤン大君は、スヨンが想いを寄せているのは自分の娘だと伝えると、手下にキム・ジョンソと兄のスンギュを襲わせた。
セリョンからの手紙を見て寺に向かったスンユだが、もちろんそこにセリョンの姿はない。セリョンに会えずに家に戻ったスヤンが見たものは倒れている父と兄だった。
9話
スヤン大君に襲われたスヤンの父と兄。父のキム・ジョンソは一命を取りとめるも、兄は亡くなってしまう。
キム・ジョンソは、スンユに「王に自分が生きていることを知らせよ」と命じ、スンユは王がいる、キョンヘ王女の私邸へ向かうのだった。
しかし、キョンヘ王女の私邸もまたスヤン大君に襲われていた。
スヤン大君に協力していたシン・ミョンと対決することになったスンユだが、結局捕まってしまうが、キム・ジョンソが生きていることを知ると、居場所を突き止めるためにあえてスンユを逃がした。そして、隠れ家にスンユが到着すると、スヤン大君の手下に襲われ、キム・ジョンソは殺されてしまう。
シン・ミョンは、意識のないスンユを山の中へと運んで行った。スンユがまだ生きていることを知ると、シン・ミョンは止めを刺そうとするが出来ずにその場を立ち去っていく。
なんとか町へと戻ったスンユだったが、そこで父がさらし首になっていることを知ったのだった。
今日の感想
とうとうスヤン大君によって、キム・ジョンソが殺されてしまいましたね。怒りに震えるスンユですが、まだセリョンが憎いスヤン大君の娘ということは知らないんです。もしそれを知ったらスンユはどうなってしまうんでしょうか。。