韓国ドラマ-赤と黒-あらすじ-感想-1話~9話-最高視聴率14.2%!2015年、BSフジでも放送中!OSTも人気のドラマ。動画、日本のロケ地はDVDでチェック!-相関図、キャストの情報から感想もあり。 第1話から最終回まで。キムナムギル主演


赤と黒
「第1話」
巨大財閥ヘシングループ会長の次女ホン・モネの誕生会が済州島で開かれると知り、諸事情から玉の輿に乗ることを決意したコムン・ジェインは、会長の次男ホン・テソンに近づく計画を練る。
済州島ではモネと姉ホン・テラの娘ソダムの前に、空からシム・ゴヌクが舞い降りる。その姿を天使だと思ったソダムは、その後ホテルでゴヌクを見かけると屋上まで追いかける。母テラはゴヌクを誘拐犯だと疑う。これがゴヌクとヘシングループの姉妹との出会いになる。
パラシュート事故にあったゴヌクは、失いかける意識の中、幼い頃の悲しい記憶が蘇ってくる。
「第2話」
事故から無事に助かったゴヌク。婚約者に他に女がいることを知って落ち込む次女ホン・モネを慰めていると、モネの兄ホン・テソンがやってくる。
初めて顔を合わせたゴヌクとテソンには、ある共通点があった。二人はホン会長の息子として育てられたのだ。ゴヌクは血の繋がりがないので捨てられ、その後引き取られたのがテソンだった。
ゴヌクは人生を狂わせた憎い富豪一家に対し、復讐を強く胸に誓っていた。
モネはゴヌクを一緒にいるところをジェインに見られ、ゴヌクのことを兄のテソンだと嘘を吐く。ジェインはテソンと近づこうとしてある方法を使う。そして富豪一家とは無縁のジェインもこの復讐劇に巻き込まれていく。
「第3話」
自分のことをテソンだと思い込んでいるジェインを、ゴヌクは利用しようと考える。
ゴヌクの思惑通り、彼に惹かれていったモネは、婚約者と破談になる。しかし、ゴヌクの冷たい態度に傷つき寝込むモネ。見かねた姉テラは、ゴヌクに気持ちを確かめようとするが、見事にかわされる。
ジェインもモネを元気づけようと、兄テソンと三人で食事をしようと誘い、ゴヌクとの食事に喜んだモネはレストランに向う。遅れて現れたゴヌクは、平気な顔で二人に挨拶をする。
「第4話」
ジェインはテソンだと思っていた男が、ゴヌクという人物だったことを知る。
騙されたことに激怒するが、自分が財産目当てでテソンに接近していたことを見ぬかれて、その場を後にする。
その後再びゴヌクに会ったジェインは、湧き上がる怒りと同時に、避けがたいゴヌクに対する興味を覚えるのだった。
会長の指示で日本に向うゴヌク。一方ジェインも別件で日本に向かっていた。
日本での船上パーティーで、本物のテソンに出会うジェイン。彼がテソンとは気づかぬまま、突然海に落ちた男を助けろとテソンを促し…
「第5話」
事故がゴヌクによって仕組まれたものだとは知らず、テソンは男を救助するために海に飛び込むが、水中でゴヌクに襲われて意識を失う。
その後ゴヌクは秘書としてテソンの元で働くことになり、船上で会ったジェインのことを調べるように頼まれる。
ゴヌクの調査により、ジェインがテソンの母である会長夫人から、ガラスの仮面を探すよう頼まれていることを知るテソン。そして龍の工房へ先回りしてジェインを待つ。ジェインはテソンの正体を知らず、彼が理由もなく仮面を買おうとすると腹を立てる。
言い争う二人に呆れて、龍は雪の中二人を置いて去っていく。
「第6話」
二人は置き去りにされ、ジェインが必死にヒッチハイクを試みる。その様子に死んでしまった恋人の姿を重ねあわせ、ジェインを改めて見つめるテソン。
ゴヌクは龍を訪ねてガラスの仮面の話を聞き、それを譲ってもらう。
ゴヌクは復讐のために日本人を雇うが、金に釣られて裏切られてしまう。一度はゴヌクを疑うテソンだったが、結局は信頼することになる。
モネからの電話でジェインは真実を知り、ゴヌクに対し憤るが、玉の輿目当てでテソンに接近しようとしたことを表沙汰にされることを恐れ、強く出られない。そして、会長夫人からの依頼にも応じられないまま、韓国に帰ることになる。
「第7話」
テソンとゴヌクは帰国後すぐに警察に行く。
そこで、元恋人チェ・ソニョンと別のホン・テソンのことを知らされる。テソンはもう一人のテソンが一家に捨てられ、ソニョンと同じ施設で生活していたと知り、ゴヌクにこの件を調査するように伝える。
一足先に帰国していたジェインは、手に入れられなかったガラスの仮面をテソンから譲られるはずだったが、送られてきたのは写真だけだった。ジェインが会長夫人に叱られているところへ、仮面を持ったテソンがやってきて、仮面をこれ見よがしに壊す。自分を欺いた挙句、仮面まで壊されたジェインは、怒りに身を任せてテソンを叩く。そして、それを見ていた会長夫人に激怒される。
落ち込むジェインをゴヌクは慰め、思わず不意にキスしてしまう。それを目撃したテソンは…
「第8話」
次の日、会長夫人に謝罪したジェインは許してもらえる。
テソンの指示で動くゴヌクは、会長宅に引き取られる以前、暮らしていた故郷へ行かされ、両親の墓の前で再び復讐心を燃やす。
妹の我儘でゴヌクとの食事に呼び出されたテラは、ゴヌクの態度に頭に来て立ち去る。ゴヌクはテラを追いかけ、車にひかれそうになったテラを引き寄せ抱きしめる。
「第9話」
テソンは親主催の仮装パーティーで、入れ替わろうとゴヌクに提案する。テソンの振りをしたゴヌクは、テラの心を掴んでキスをする。ジェインはゴヌクから入れ替わることを聞かされ、素知らぬ振りでテソンに近づき、彼の心を引き付けることに成功する。
アメリカから帰国した長男ホン・テギュンと家族の時間を過ごすテソン。しかし、テソンの発言が気に障った会長夫人は怒鳴りつける。
悲しみの酒に酔いつぶれたテソンを迎えに行ったジェイン。そこにいた警部にソニョンの転落事故について聞かれ、背中に傷跡のある男を見たと告げるが…