韓国ドラマ-がんばれミスターキム!あらすじ-4話〜6話-最終回まで全話を配信!
2012年に韓国で放送され、最終的には33.3%という驚異的な視聴率を記録した家族愛をテーマにしたドラマ!
BS朝日と同じ全62話で配信します!
主演は「神話」のキム・ドンワン!元々の彼からは想像できない家政婦ぶりに注目!


こんにちは!ショウコです!
テピョンの気さくさと優しさには惚れ惚れしちゃいますね。
男でもなんの抵抗もなく、エプロン姿でさっそうと
なんでもこなしちゃう姿には感心します!!
ところで、ヒレとヒレの母親が一緒に暮らさないのには
きっと何か訳があるはず…??
その辺気になりますね。
「がんばれミスターキム!」
4話
ウギョンの家でヘルパーの仕事を始めたテピョン。
そこで、ウギョンの弟であるホギョンと意気投合♩
まるで兄弟のようですね^^
海外からやってきたゴヌ。
どうやらゴヌはこのまま韓国に居続けようとしている様子。
ゴヌの母親はすぐにそれを見抜きます。
でも、ゴヌと母親の間には何かわだかまりがあるみたい…
このゴヌ…どうやらウギョンの初恋の相手だった!?
という疑惑がありますね。
今も気になっているのかしら…??
テピョンの元には女性と会ってみないかというお誘いが。
ジヨンはそれを嫌がってるみたいだけど、テピョンは前向きに考えています。
テピョンがその女性と会う当日、やってきたのは何とヒレの実の実の母親ヨンジだった。
ヨンジは、ヒレが産まれてすぐに、ヒレを置いて家を出て行ってしまった。
テピョンは、このことをヒレ本人に言おうか悩んでいる。
ヒレの母親は相変わらず、お世辞にも良い母親になれるようには思えなかった。
テピョンもまた、幼い頃から両親がいない環境で育って来た。
だから、ヒレの気持ちをものすごく考えているのだ。
なかなか煮え切らず、ヒレにはヨンジの存在を話せずにいた。
しかしヨンジは勝手にヒレに会おうとする。
その突発的行動にキレるテピョン。
勝手な事情でヒレを捨てたにも関わらず、会いたくなったからといって
なんて身勝手な母親…
テピョンが悩んでいる様子を見て、ウギョンのおばあさんもホギョンも心配している。
5話
何度もヒレに会おうとやってくるヨンジ。
テピョンはいい加減頭に来ています。
母親の存在を知ったのに、またもしもヨンジが消えるのだとすれば、
これはヒレには告げない方がいいとテピョンは思っている。
テピョンはまだ自分が、中学生くらいの頃からヒレの面倒を見て来たのだ。
周囲のテピョンの事情を知っている人たちも、テピョンが心配でならない。
しかし、ヒレは母親に会いたいと思っているのかも??
などと、悩むテピョン…
悩んだ末に、テピョンはヒレにヨンジを会わせてあげようと考えます。
そしてヨンジのもとへ行き、良い母親に見えるようにアドバイスをする。
いざ、ヒレと対面…というところで、
まさかのヨンジはまたいなくなってしまうのだった。
しかし、子供達はテピョンが会ってい女性は、パートナーになる人なのだと思っている。
子供達なりに、自分たちが重荷になっているのでは…
などと思い悩んでいたようです。
それを知ったテピョンは思わず涙。
女性がいなくなってしまったことを知った子供達。
テピョンは失恋したのだと思っているようです。
子供達なりにパーティーを開いたりしてテピョンを気遣う様子が本当に素敵。
一方、帰国したゴヌクは父親の会社で働く。
何かわだかまりがありそうだと思っていた母親との関係…
やはりゴヌクは、父と他の女との間での子供だった。
いつも通りにウギョンの家でヘルパーの仕事をしているテピョン。
しかし急にウギョンの父親が帰宅する。
父には内緒でテピョンをやとっていうウギョンは、テピョンを見えないように気を使う。
でもジヌクもテピョンの事を気になっているんですよね〜
6話
テピョンとウギョンは少しずつお互いのことを考えているみたい。
でもジヨンはテピョンの事が気になっているんですよね〜
チョルリンは、テピョンの頑張る姿をみて育った。
そこで、自分も家族の為になにかできないかと考えるようになった。
応援するジヨン。
そんな頃、テピョンはジュソンという子供に会う。
ジュソンもまた、ヒレ達と同じような環境にいた。
そんなジュソンに優しくするテピョン。
ジュソンは、テピョン達や家族の仲間入りすることになった。
ゴヌクはというと、実の母親の事を知っている様子。
しかも母親はなにか病気で、この世を去ってしまった。
ゴヌクもまた、母親に置いて行かれた子供なんですね…
そんなことを考えながらお酒を嗜んでいたら、少し酔っぱらってしまったみたい。
テピョンはそんなゴヌクを家まで乗せて行く。
そんなテピョンに感謝して二人で食事をするウギョン。
今日の感想
テピョンはなんて優しいの…
そして、テピョンもまた両親がいない環境で育って来たんですね。
痛みをわかっている人こそ、人に優しくできるとはいいますが、
まさに彼の事ですね。
でもその逆もまたありますよね…
曲がった家庭環境で育てば、心もまた曲がってしまう可能性も。
テピョンに育てられている子供たちは本当にまっすぐで、
幸せそうですね^^