韓国ドラマ-今日から愛してる-あらすじ-詳細-15話~21話-平均視聴率10%以上!T-ARAのウンジョンもキャストに名を連ねるラブコメディ。相関図はHPにて。動画DVDも人気。最終回まで目が離せない!ネタバレ含。


「今日から愛してる」
「第15話」
ミジャはドジンのパティシエ帰国を推進した張本人がチャン・ポムソク会長だという事実を知り、チャン・ボムソクの電話を拒否する。祖母からの激しい反対に遭ったスンへ(イム・セミ)は葛藤し、ユンホはそんなスンへを説得する。スンへがユンホ(コ・ユン)のカフェで仕事をすることに納得していないセリョンは再びスンへを解雇する工夫をし、ポムソクはそんなセリョンにプッチョンカフェから手を切れと厳命するのだが…
「第16話」
セリョン(キム・セジョン)はユンホ(コ・ユン)にスンへ(イム・セミ)を解雇しろと勧め、ポムソク(キム・ビョンセ)はそんなセリョンにプッチョンカフェから手を切れと厳命する。一方、ミジャ(イ・ウンギョン)はドジン(パク・ジヌ)にパティシエのとして働くことを認められないからアメリカに戻れと言うのだが…
「第17話」
店をたためと言うミジャの言葉にドジンは絶望し、スンへ(イム・セミ)はドジンが作ったデザートに直球で助言する。デホ(アン・ネサン)はいよいよ所蔵者を見つけて売買契約書を書き白鹿洞を手に入れるのだが…
「第18話」
茶の納品を断られて自尊心を傷つけられたスンイム(キム・ヨンニム)は茶園の主人から衝撃的な告白を聞くことになり、ミジャ(イ・ウンギョン)は自分の母をみじめな死に追い込んだ敵のことをドンスク(キム・ソラ)に話す。ミジャの挑発に刺激を受けたスンイム(キム・ヨンニム)は深い悩みの末にスンへ(イム・セミ)に茶を伝授しようと決心するのだが…
「第19話」
スンへ(イム・セミ)を茶の弟子にしたスンイム(キム・ヨンニム)はドンスクに、スンアではなくスンへに茶を伝授することになり残念かと尋ねる。白鹿洞契約のお礼を受け取ったデホ(アン・ネサン)はジュンベ(チョ・ヒボン)と共にミジャ(イ・ウンギョン)の店に食事をしに行くのだが..
「第20話」
デホ(アン・ネサン)は絵の詐欺、偽筆署名などの疑惑で告訴されることになり慌てる。スンイム(キム・ヨンニム)はスンへ(イム・セミ)に伝統茶の最高峰である靑苔錢を教えるのだが…
「第21話」
スンへはドジン(パク・ジヌ)のデザートに韓国的な雰囲気を混ぜ合わせ強化するのはどうかとアイディアを出し、ドジンはスンへの助言に新たな希望の光を見つける。絵の詐欺、偽筆署名などの疑惑を受け告訴されたデホ(アン・ネサン)はさらに脅迫され、暴行疑惑まで被せられて…