韓国ドラマ-今日から愛してる-あらすじ-詳細-28話~33話-平均視聴率10%以上!T-ARAのウンジョンもキャストに名を連ねるラブコメディ。相関図はHPにて。動画DVDも人気。最終回まで目が離せない!ネタバレ含。


「今日から愛してる」
「第28話」
スンイム(キム・ヨンニム)の配慮のおかげで初めて二人きりのデートをすることになったデホ(アン・ネサン)とドンスク(キム・ソラ)。その姿を見守るミジャ(イ・ウンギョン)は胸を焦がすが表情に出すことはできない… ユンホ(コ・ユン)はスンへ(イム・セミ)が病院に復職せずドジン(パク・ジヌ)のカフェに就職したという事実に失望し、ドジンとピリピリした神経戦を繰り広げる。一方、ドンスクは法事を行った相手が友達でなくヤン・ユンヒだったという事実をスンイムに知られてしまい…
「第29話」
ユンホ(コ・ユン)はスンへ(イム・セミ)にコーヒーを教えると言いながらドジン(パク・ジヌ)のカフェを訪ねて行き、ドジンはスンへとユンホが一緒にいる姿に鋭い反応を見せる。一方、スンイムに家から追い出されたドンスクはミジャを探しに行き、デホもまたドンスクを探し回り、ミジャの家に向かって行くのだが。
「第30話」
家に戻ったドンスクはスンイムに、自分には真実を言って欲しいと言いつつ堂々対抗する。ドジン(パク・ジヌ)はミジャに約束の期限をもう少し延ばして欲しいとお願いするが、ミジャは絶対ダメだと釘を刺す。スンへ(イム・セミ)はドジンの母であるヤン・ユンヒ女史が、父の店までたたませた張本人であることを知ることになり…
「第31話」
ミジャはスンイムを訪ねて行き、スンへが養子だという事実に触れ、不妊だったドンスクも宗婦を受け入れたスンイムに、なぜ自分はダメなのかと恨み言を吐き出す。ミジャはスンへにドジンのカフェを直ちに止めろと追い詰めドジンはそんなミジャに二度とカフェに来るなと対抗するのに…
「第32話」
ユンホはモーニングコールアテンダントがスンへであることを確信し胸のときめきを感じる。借りたお金を返してもらうために再びミジャを訪ねて行ったデホはミジャから白鹿洞を贈られ、彼女が主人だったことに大きな衝撃を受ける。一方、ドンスクは不妊で苦労した自分の経験を述べてデシルに産婦人科検診を薦めるのだが…
「第33話」
ドジンとスンへの近況をセリョンに伝えたスンアは両者を仲違いさせろと言うセリョンの指示にそんなに自信がないのかと問い直し、セリョンはスンアにわざわざスンへが養子だという事実を告げる。スンアはスンへをはじめとする家族皆が自分だけをだましてきたのだと疑い、これまで押し殺してきた疎外感と劣等感を活火山のように爆発させるのだった…