韓国ドラマ-奇皇后-あらすじ-詳細-29話~40話-最終回までキャスト情報もあり。NHK BSプレミアムで放送!タルタル役にチン・イハン、コルタ役にチョ・ジェユン、ヨンビス役にユ・イニョンなど。日本語字幕の無料動画はYouTubeにて!


奇皇后
29話
スンニャンは倒れ、その手をタファンは握りしめながら涙するのであった。スンニャンの口からはナツメの毒が検出され、タナシルリは側室たちに手がかりを探すよう申し付けるのであった。
太后殿も調べ上げ、ついにはタナシルリの部屋だけを残すところとなった。
30話
スンニャンはタナシルリににらみを利かせる。
側室となったスンニャンはワンユと再開し、ワンユをただ見つめるのだった。
タファンはヨンチョルの禅位詔書を確認し、驚愕するが・・・。
31話
タファンは行省主に助けを乞う。そしてメバクがヨンチョルにとって要だということ密告する。
スンニャンのおかげで力を手に入れたタファンはヨンチョルの目前、禅位撤回を発表するのであった。
一方のスンニャンはタナシルリが皇子を連れ去ったことを知り、急いで後を追う。
32話
スンニャンはヨンチョルの思考を察した。ヨンチョルは不気味な笑みを浮かべるスンニャンを見て、血の気がひいていく。そんなおり、犯人としてある行省主と側室があげられる。そしてタファンの政権復帰が悪い方向へと流れていくのであった。
ヨンチョルの家族は狩猟行事の最後の日にタファンとスンニャンの暗殺計画を考えるのであった。
33話
タファンとスンニャンが狩猟に向かう際、タンギゼらは罠がうまく機能せず、動揺する。
ゴプソルを追うスンニャン、そこで激高したタナシルリが目に入るのだった。
スンニャンが網を引いた瞬間、毒の塗られた矢が発動する。タファンはスンニャンの身代わりに・・・。
34話
危険を顧みず、自分を守ったタファンの雄姿を見て、スンニャンは思考をめぐらす。
スンニャンはきれいにおめかしをしてタファンの居所へ向かう。その姿を見たタファンは・・・。
タナシルリはタファンを虜にするスンニャンを妬み、スンニャンへ呪いをかけようとする。
35話
宮殿の庭でお札が見つかった。そこにはスンニャンの名前が書かれていた。スンニャンは誰にも知られることなく、呪術師にお札についてうかがおうとするのだった。
タファンはペガンにヨンチョルを打ち負かすことができたら、ワンユを再度即位させるという。
タファンはスンニャンの出産を待ち遠しい。
36話
スンニャンはタナシルリが兵士たちを先導し、尼僧の捜索に注力していると耳にする。そして慌てて尼僧を逃がすのであった。
タルタルはヨンチョル討伐のための上訴文を、タファンとスンニャンに申し伝える。
スンニャンは皇太后に自分の保身を約束してほしいと訴えるのだが・・・。
37話
ヨンチョルとタファンはまだ親政権を希望しているかと心の内を問われるのであった。
38話
皇太后は国民のスンニャンとタファンへの支持を目の当たりにし、険しい表情となる。
タファンはタナシルリに命を絶つ前に人々に向けて謝意を示すよう命じる。
皇太后はタファンが新しい皇后を公にする前にそれを制止しようとするが。
39話
スンニャンはタファンに柵封を急がせる。
スンニャンは皇子に毒を盛ろうとした犯人の捜索を試みるが、皇太后は大きな騒ぎをおこさぬよう、くぎを刺すのだった。
タファンはバヤンフドゥを新規に皇后として認める一方、スンニャンは高麗人たちと水面下で動きを見せる。
40話
タンギセはスンニャンを攻めるが、傷をおい、敗走する。
皇太后はバヤンの計略にのせられ、スンニャンの権限をすべてバヤンに移譲するように命ずる。
一方でスンニャンはハハ王の歌に隠されたメッセージに気付くのであった。