韓国ドラマ-宮廷女官チャングムの誓い-キャスト-登場人物や感想、ネタバレもあり。動画の無料視聴はYouTubeやDailymotionでチェック。シンビやチャンイ、子役もかわいい!

身分階級が厳しい時代背景の中、主人公のチャングムは恵まれない環境で生まれる。
チャングムは、前半では宮廷での料理人として、後半は医者として生きる。
そんなチャングムの、波乱万丈な人生を描いたドラマである。


■宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-第11話
チョンサングンがチャングムとクムヨンを連れてイキン部に行こうとしている所、製造サングンがチョンサングンの前を立ちはだかる。製造サングンがチョンサングンを説得するが、チョンサングンは製造サングンを疑い事件を始末する一日の時間を与える。チェパンスルはクムヨンとチェ家を助けるために計画を立てる。翌日チョンサングンは急に態度を変わった製造サングンの姿を見て時間を与えたことが間違いだったと自覚する。ハンサングンがチャングムを助けて欲しいとチョンサングンに請願文をあげ、チョンサングンはこの事件を見逃すことにする。
ウォンジャママがデリョンスクスカントックがあげた保養食を食べて倒れる事件が発生する。カントックはこの事件でネシ部に捕まり、一方、トングンチョンではウォンジャの体に麻痺が起こった原因は病気ではなく毒であると結論付けられる。
スラッカンサングンたちとチャングムは原因を探るために動くが、状況はますますカントックに不利になり、トックに尋問が始まる。
■宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-第12話
チャングムは保養食を食べたウォンジャが倒れた原因が毒ではなく保養食に入った高麗人参が効能を極大化して発生した麻痺症状であることを自分が直接食べて証明する。しかし、チャングムは麻痺症状は元に戻るが、舌の感覚が微妙に戻らず、食べ物の味付けに苦労する。
製造サングンの誕生日宴会がある日、チョンサングンはチャングムの手伝いで先祖代々受け継がれてきた鍋料理を上げるが、味を見た製造サングンはチョンサングンに怒り出し宴会場には緊張感が漂う。製造sんぐんとチェ家はチョンサングンの健康問題をきっかけにチョンサングンを最高サングンから追い出す策略を企む。
感づいたチョンサングンは悩んだ末チュンジョン(王)にチェサングンとハンサングンを競争させ次期最高サングンを登用することを提案しチュンジョン(王)は喜んで受け入れる。
ハンサングンはチャングムを呼び出してサンチャンナインとして任命し、自分の秘伝を本格的に教えるから自分を手伝うことを命じる。しかし、チャングムは舌の感覚が戻らず、味見ができないことで断る。しかし、ハンサングンはチャングムの味覚が戻る事は難しいと知りながらもチャングムを自分の補助調理師として選ぶ、、、
■宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-第13話
ハンサングンは味覚をなくしたチャングムを呼び出してハマグリの蒸しや豆腐の鍋などの料理を作らせチャングムに勇気と可能性を与える。チェサングンはクムヨンにスラッカンで高麗朝から受け継がれてきた料理に関する秘書を見せて教え始める。
トックとトックの妻は町でミンジョンホに再び出会い、ミンジョンホがネクミで働く軍官であることを知る。トックはチャングムに”何かを持って貴方を訪ねた人がいる”とチャングムをミンジョンホに案内する。しかし、二人は気づかず、擦れ違う。
ある日城の醤庫にある味噌の味が変わってしまう事件が発生する。醤庫サングンをはじめ製造サングンと最高サングンはその理由が分からず、結局製造サングンはこの事件を上部に報告し調べ酔うとするが、、、
■宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-第14話
ハンサングンはチュンジョン(王)にあげる味噌料理をチャングムに作るよう命じる。チャングムが作った料理を食べたチュンジョン(王)は満足する。チョンサングンは味噌の味が変わった理由を説明し、チュンジョン(王)はその原因が花粉にあったことに興味を持ってチョンサングンとハンサングンを褒め称える。
チャングムはチョンウンペクに診脈受けるために訪ねる。チャングムはあっちこっちで針や薬の治療を受けてみたが効果がないから蜂針の施術を頼むがチョンウンペクは断る。
一方、チェサングンは偶然チャングムが味覚を失ったことを知るが、、、
■宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-第15話
チャングムが作った鯨の料理がチュンジョン(王)に良い評価を受けチェサングンとクムヨンは信じられず、緊張する。チェサングンはチャングムの料理の実力は認めるが、味覚を失った以上スラッカンいられる資格があるかを試してみることを主張する。
大妃がチュンジョン(王)にスラッカン最高サングンを直接選択した事は正しくないと指摘しチュンジョン(王)は大妃が変わりに選んでくれることを頼む。そうして今回のウォンジャの誕生日の日からスラッカン最高サングンを選ぶための競合が始まる、、
■宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-第16話
ハンサングンとチャングムはは最初の試験で負けてしまう。ハンサングンはチャングムに”料理を作る心を失い良い材料と方法だけを考えている”と叱り、乳母サングンの療養している所に行かせる。
チャングムがいない間にヨンロ、ヨンセン、チャンイが競ってチャングムの変わりにハンサングンを手伝うと告げるが、3人ともハンサングンの修行が耐えられない。
ウンアン寺に行ったチャングムは秘密の任務を果たすためにウンアン寺に来ているミンジョンホとトックに会う。偶然出来たチャンスを活かしてチャングムはミンジョンホに今まで秘密にしてきた父と母パクナインに関する話を始める、、、、
■宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-第17話
山寺の一角でチャングムとミンジョンホが話し合ってていることをクムヨンが目撃して惨めな心境で山を降りる。クムヨンは昔のことを回想しながらジョンホに対する自分の心を慰める。
城では大妃の2番目の課題が出される。チェサングンとクムヨンが城を出ていない間に疑わしい男がチェサングンの部屋に忍び込み、ネクミ長が直接チェサングンの部屋を調べている途中、チョンサングンはチェサングンの部屋でスラッカン代々に受け継がれている秘書を見つけ、チェサングンが自分を弄んだことに憤慨する。
城の中に伝染病が流行りネシ部で対策会議が開かれスラッカンで病気になったナインとサングンを城の外に追い出す仕事をチェサングンが担当する。チェサングンはこの事をきっかけにチョンサングンを追い出す対策を立てる、、、
■宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-第18話
製造サングンは城内に伝染病が流行っている事とチョンサングンが伝染病に掛かり昨夜城外に出したことを大妃に報告する。ハンサングンとチェサングンオ競合は取り消され製造サングンはこの機会を生かしてチョンサングンを追い出し、チェサングンを最高サングンにする方法を考える。
結局大悲は代行最高サングンの体制を指示し最高サングン代理としてチェサングンを任命する。最高サングン代理となったチェサングンは使臣の接待が大事だと言ってハンサングンとチャングムを使臣の接待を担当するテピョングァンに派遣する。
ハンサングンとチャングムは使臣団のジョンサ(総責任者)が糖尿病であることを知り油気が少ない、糖尿病の患者に良い淡白な料理を上げる。しかし使臣ジョンサとオキョモは怒りながら料理を断り、ハンサングンを問い詰める、、、
■宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-第19話
チェサングンとクムヨンはジョンサに滿漢全席(料理名)をもてなし、オキョモはジョンサを無視したハンサングンとチャングムを好きにして良いと言うが、ジョンサは滿漢全席を断り国に戻るまでの全ての料理をハンサングンとチャングムに頼む。
伝染病に掛かって城外に出されていたチョンサングンは自分は飲んでいる薬が自分を害していることを知って製造サングンに手紙を出す。
手紙を見た製造サングンは驚いて、チョンサングンがいるところで二人は対面する。
テピョングァンのことを聞いた大妃は自分を騙した製造サングンとチェサングンを叱る、、、
■宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-第20話
ハンサングンは幼馴染であるチャングムの母、パクナインとの記憶を思い出して競合に出す料理を決めて準備に掛かる。チェサングンも今回はプライドをかけると覚悟を決めて準備をする。しかし、チェパンスルは何かの企みがある、、、
競合前日の夜、チェサングンとハンサングンは材料の準備を終えて部屋に入る。しかし、ハンサングンの調理室で何かが起こりハンサングンは急いで城外に出る。
料理の材料が家畜によって乱され、材料を新しく手に入れるために城外に出たハンサングンが時間通りに戻ってこないが競合は始まる、、