韓国ドラマ-家族の秘密-あらすじ-詳細-40話~44話-平均視聴率1.7%!先の読めない復讐劇!最終回まで目が離せない。キャストにシン・ウンギョン。OSTラベル,DVD動画も好評!相関図で関係をチェック。


「家族の秘密」
「第40話」
“・・・ウンビョルを・・・連れて行く人・・・見ました・・・!!”
ゴヌの事故の知らせを聞いて駆け付けたサンミンとテソン、そしてジョンヨン。苦しむゴヌを見て悲しむサンミンに向かってテソンは、卑劣な涙だと非難しまくり今にもサンミンを殺しそうな勢いで駆け寄り・・・子供を心配して嗚咽するサンミンの姿にジョンヨンは複雑な思いを抱える。ゴヌの事故について調査した警察は楊坪の別荘の離れの座敷地下室から再び、ウンビョルが潜伏していた痕跡を発見し・・・これにより明確にジンワン家の家族の中に犯行を犯した者がいることが確証されることになるのだった・・・!
一方、カラムを前面に出し頑としてジンワン家に押し入ってきたマ・ホンジュは、自分はジンワン家の家族・・・いや、ジンワン家の女主人の資格があると言い図々しく出しゃばり家の中をひっかき回す・・・カラムとホンジュにより苦しみが追加されたジョンヨンは堪えきれぬ恥辱感と侮辱感を感じるが、ウンビョルの生死を知るまではこのまま引き下がることができないと涙を飲む。
一方、意識不明状態からかろうじて抜け出し、目を開いたゴヌはウンビョルを引っ張っていく誰かを両目ではっきり見たと言うのだった・・・!!
「第41話」
“あなたは・・・もう終わり!!”ウンビョル拉致犯がサンミンであることを確認したテソンはガマンの限界を感じ、父としてウンビョル拉致犯をこれ以上見ている訳にはいかないのでサンミンを自分の手で殺さなければならないと決心する。 楊坪別荘ファン執事がサンミンと通話していたという事実を知ることになったジュニョクは警察の調査のためサンミンを訪ねて行き、テソンがサンミンを処断する場面を目撃することになる!
一方、昏睡状態から目覚めたゴヌはウンビョルを引っ張っていった人の顔を撮ったとジョンヨンに何とか告白した後再び容態が悪化する・・・動画を確認したジョンヨンは自分の目を疑う。娘に危害を加えた者の正体は他でもない・・・家族の中1人!悪魔の姿をしたその人の顔を見ることになったジョンヨンは驚くのだが・・・!
「第42話」
“私を憎ませるな・・・私自身も、自分がどう変わってしまうかわからないから!”
ジュニョクの取り調べを受け、心臓発作で倒れたファン執事は突然病院で自殺する!これによってジュニョクは懲戒危機に陥る。納得できないファン執事の死に、警察は自殺より他殺を疑うことになる。
一方、ウンビョルが引きずられて行く動画を持ってソ検事の元に走って行ったジョンヨンは、突然バイクに近寄られ、目の前で証拠品を奪われてしまう。 座り込んで茫然としたジョンヨンはテヒの仕業だと直感しテヒの元へ走って行きウンビョルに何をしたのか全て知っていると鬱憤を吐き出すが、テヒはジョンヨンに気がおかしくなったのかと言って逆に対抗する。
一方、誰かがチン会長にテヒの犯行現場が収められた携帯電話を渡し・・・動画を確認したチン会長はテヒを呼んで、直ちにウンビョルを連れてこいと雷のように激しく叱責する。そして・・・朝食を摂ったチン会長は呼吸混乱により、突然倒れてしまうのだった・・・!
「第43話」
“お前が・・・私を憎み嫌って、地獄に落ちるよう願っているってこと、知らないとでも思ったか?!”ジンワン家の朝食に出された食べ物の中にピーナツが入っていたことを知った人々。 ピーナツアレルギーを持っているチン会長にとっては死に至るほどのことであり、致命的だったのだ!これを作ったのがジョンヨンであるという事実を知って怒ったチン会長は人々の前でジョンヨンをひどく罵り・・・潔白であるジョンヨンの思いは徹底的に無視されるのだった。マ・ホンジュの卑劣な小細工のせいであると予想したテランは、ホンジュの持ち物の中からピーナツを発見し、ジョンヨンに代わって一度彼女を懲らしめるのだが・・・ファン執事の自殺に関する件でジンワン家の調査に乗り出したジュニョクは、マ・ホンジュがカラムを前面に出しジンワン家の女主人のような態度を取っているという事実を知ることになり、カラムがテソンの隠し子であるとの事実に、ジョンヨンが受けた傷と侮辱を考えて血が逆流するような思いを感じる・・・!
一方、ウンビョルを連れてくると約束したテヒは、チン会長の前に手ぶらで現れ・・・なぜウンビョルを連れて来なかったのかと追及するチン会長にテヒは・・・これまで隠されていた衝撃的な秘密をさらけ出すのだった・・・!!
「第44話」
“違うでしょう?・・・・話にもならない・・・ どうして・・・どうして・・・ウンビョルが!!!”
ウンビョルはテソンの血筋ではないという話を聞いたチン会長はジョンヨンに向かって、どうして20年まんまと騙してきたのかと今にも殺しそうな勢いで怒りをぶちまける・・・ジョンヨンは、血縁のことで騙したりはしていない、もし騙していたなら舌を噛んで死んでも良いと言い堂々とする・・・テヒがウンビョルを連れてきた後、遺伝子検査をして自分への疑いを晴らして見せると言うのだった。ウンビョルを待ち続けて気が焦っていたジョンヨンは、その思いを支えることができなくなり、テヒを追いかけて行ってなぜまだウンビョルを連れて来てくれないのかと急き立てるが、テヒは当たり前のように、ウンビョルが自分から密かに逃げたのだと言う。ウンビョルを連れて来いとテヒを圧迫する人々。息の根を止められそうなほどにますます窮地に追い込まれたテヒは、ウンビョルの問題に関して版図を揺るがすような物凄い計画を整えるのだった・・・!
一方、マ・ホンジュはジュニョクに会い、もしかしたらウンビョルはジュニョクの娘かもしれないと暗示し・・・混乱したジュニョクは苦心の末にジョンヨンに会って、ウンビョルの血筋について尋ねる。その時、2人にかかってきた不吉な電話!彼らに伝えられた想像を絶する衝撃的な知らせ!人々を驚きと恐怖に追い詰める結末が、巨大な嵐のように近づいていた!