韓国ドラマ-家族の秘密-あらすじ-詳細-51話~55話-平均視聴率1.7%!先の読めない復讐劇!最終回まで目が離せない。キャストにシン・ウンギョン。OSTラベル,DVD動画も好評!相関図で関係をチェック。


「家族の秘密」
「第51話」
“ハン・ジョンヨン・・・違いますグレース・ハンと呼んでください!”
家族の死とお互いに対する不信感、傷に汚されたジンワン家の過去。血で染まった過去はもう人々の記憶の遥か彼方に消えてしまい、過ぎた時間は多くの変化をもたらしていた・・・ジンワングループ代表になりいよいよ夢に描いた王座に就くことになったテヒ。テソンは後後のためにもとテヒの前に跪き、天下に号令したチン会長は歯を失った虎のような境遇に置かれ、欲望に埋め尽くされたマ・ホンジュはギャラリー館長の座に就いた。
その時、ジンワンギャラリーは政治的なロビ活動のためにパク・チュングン画伯の遺作を購入しなければならない状況に置かれる・・・作品購入のために競売場に行ったマ・ホンジュはそこで年頃のアートディーラーに作品を奪われ、その作品を購入したのはペク会長だということを知るようになるのだが・・・その時、ペク会長に同行して現れたアートディーラーは・・・驚くべきことにハン・ジョンヨンではないか!自分はハン・ジョンヨンではなく‘グレース・ハン’だと言い堂々と自らの名前を明らかにする彼女!消えたジョンヨンが目の前に現れると皆が混乱し、衝撃を受けるのだが・・・!非業の死を遂げたウンビョルのために、地獄のような過去への補償を受けるために、今まで隠れて過ごしジンワン家への復讐を企ててきた彼女!真の復讐のために念を押す彼女のストーリーは果たして、どのように繰り広げられるのか・・・すでに、第二幕は上がっている!
「第52話」
“ハン・ジョンヨン・・・違いますグレース・ハンと呼んでください!”
家族の死とお互いに対する不信感、傷に汚されたジンワン家の過去。血で染まった過去はもう人々の記憶の遥か彼方に消えてしまい、過ぎた時間は多くの変化をもたらしていた・・・ジンワングループ代表になりいよいよ夢に描いた王座に就くことになったテヒ。テソンは後後のためにもとテヒの前に跪き、天下に号令したチン会長は歯を失った虎のような境遇に置かれ、欲望に埋め尽くされたマ・ホンジュはギャラリー館長の座に就いた。
その時、ジンワンギャラリーは政治的なロビ活動のためにパク・チュングン画伯の遺作を購入しなければならない状況に置かれる・・・作品購入のために競売場に行ったマ・ホンジュはそこで年頃のアートディーラーに作品を奪われ、その作品を購入したのはペク会長だということを知るようになるのだが・・・その時、ペク会長に同行して現れたアートディーラーは・・・驚くべきことにハン・ジョンヨンではないか!自分はハン・ジョンヨンではなく‘グレース・ハン’だと言い堂々と自らの名前を明らかにする彼女!消えたジョンヨンが目の前に現れると皆が混乱し、衝撃を受けるのだが・・・!非業の死を遂げたウンビョルのために、地獄のような過去への補償を受けるために、今まで隠れて過ごしジンワン家への復讐を企ててきた彼女!真の復讐のために念を押す彼女のストーリーは果たして、どのように繰り広げられるのか・・・すでに、第二幕は上がっている!
「第53話」
“あなたは・・・私が戦わなければならないジンワン家の中の1人に他ならない!”
パク画伯の遺作をジンワンギャラリーに渡す条件として、ジョンヨン・・・いや、エリス・ハンをジンワンギャラリーのアート ディーラーとして入城させてほしいというペク会長の破格的な提案に、テヒとホンジュは身震いする。ギャラリーを出たジョンヨンは愛憎の歳月を共にした夫テソンとついに再会するのだが・・・!テソンはこれまで恋しく思ってきたジョンヨンに会えて夢のようだと喜ぶが、ジョンヨンはテソンに向かってあなたはただ、復讐しなければならないジンワン家の家族に他ならないと冷たく接し背を向ける。そして、ペク会長が子供のように感じている死んだ友達の息子を迎えるため空港に行ったジョンヨンはそこでジュニョクと劇的に再会する・・・生き返ってきたジョンヨンにまた会えたという事実にジュニョクはとても感激する。
一方、テソンとの結婚を控えたマ・ホンジュはジョンヨンの登場に不安を感じ、テソンの心が揺れるのではないかと思って心配するのだが・・・ジョンヨンに会うためにジョンヨンのオフィステルを訪ねて行ったテソンはそこでジョンヨンと親しくしているジュニョクを見て衝撃を受けるのだった・・・!
「第54話」
“ハン・ジョンヨン!君が何をしようと私には勝てない・・・!良く見ておこう・・・君の心づもりが何なのか”
ついに、ジンワンギャラリー専属アートディーラーになったジョンヨン!テヒはジンワンの政治的ロビー活動のためにやむを得ずジョンヨンを受け入れたが、自分にとって危害となるであろう彼女をただ見ている訳にはいかないと念を押す。ハン・ジョンヨンが目の前に横行するこの状況を放ってはおけないと考えたマ・ホンジュはジョンヨンを罠に掛ける卑劣な小細工を仕掛けることにするのだが・・・ジョンヨンの登場により再び対立することになったテソンとジュニョク!もうジョンヨンのことは放って置いてくれとテソンに厳しい忠告を与えるジュニョク。ジョンヨンのためにという心が少しでもあるならば、もうそろそろジョンヨンを解放してほしいというジュニョクの言葉にテソンの心はどこまでも複雑になる。
一方、ペク会長は人的刷新レベルでジンワングループサイドに良い人材を推薦すると言いその人を呼び入れるのだが・・・堂々と入ってくる人物は・・・驚くべきことに・・・ミン・ジュニョクではないか?!ペク会長の最側近となったミン・ジュニョクの変身にテソンはもちろん、テヒもチン会長も皆が驚いて警戒心を高めるのだが・・・
一方、ギャラリーに出勤したジョンヨンに与えられた初めての任務は・・・パク画伯の遺作を政治的大物であるソン議員に渡すというもの!しかし、作品を見たジョンヨンは絵におかしな点を発見して疑念を抱き、絵の鑑定を依頼したところ・・・その絵はパク画伯の作品を模写した偽作品であるという事実を知ることになるのだが!
「第55話」
“万一、私が・・・マ・ホンジュがしたことだと明らかにしたならば・・・マ・ホンジュ氏を館長職から解任し、私をジンワンギャラリー館長職に就かせてください!!“
ソン議員に渡した絵が偽作だと主張するジョンヨン。チン会長はそれなら誰が偽作にすり替えたのか明らかにしろと言い、テヒは正規の商品を見つけた者に館長職を与えるという条件を掲げる。
館長職を間に置いたジョンヨンとホンジュの血の滲む戦い!パク・チュングン画伯の偽絵を見て苦心したジョンヨンは噂を便りに、模写品を専門的に描く偽作画家を捜し・・・追跡の終わりについにマ・ホンジュからの依頼を受けた偽作画家を見つけ出すのだが・・・!
ジョンヨンを窮地に追い込む方法を模索したホンジュは・・・ジョンヨンが初めて入城する時からすでに、ジンワンギャラリーに一泡吹かせるつもりで偽絵を持ってきたかのように仕向ける計画をたてる。
一方、ジョンヨンを困らせるために血眼になっているホンジュの姿に鳥肌が立ったテソンはチン会長にマ・ホンジュとは結婚しないと宣言する・・・!