韓国ドラマ-家族の秘密-あらすじ-詳細-56話~59話-平均視聴率1.7%!先の読めない復讐劇!最終回まで目が離せない。キャストにシン・ウンギョン。OSTラベル,DVD動画も好評!相関図で関係をチェック。


「家族の秘密」
「第56話」
“愛する人たちに捨てられて・・・敗北者として生きていく絶望感がどんなものか教えてあげる!”
ジョンヨンはマ・ホンジュが絵を偽物にすり換えたことを調べ上げ人々に知らせるが、ギャラリー職員を買収して自分のアリバイを作ったマ・ホンジュは逆にジョンヨンを窮地に追い詰める。マ・ホンジュの言動を打ち抜いたジョンヨンは作品の真偽の有無を判別する専門鑑定士を呼び込み・・・自分が初めに買い入れた作品がすでに珍品であったという事実を確認させるのだが・・・これによりマ・ホンジュの偽りの悪だくみが明らかになり、腹を立てたテヒはパク画伯の正規の商品を見つけてきた者に館長職を与えると言いジョンヨンとホンジュを刺激する。本当の絵をコッソリ隠したホンジュは自分が隠しておいた絵がなくなっていることに混乱し、消えた正規の商品を探し出さねばならないという圧迫感からテヒに助けてほしいとひざまずくのだが・・・
一方、ジュニョクと食事をしに行ったジョンヨンはそこでテソンとホンジュ、カラムの幸せな姿を目撃し、胸に刻まれていた悲しみと怒りが込み上げるのを感じる・・・ジュニョクはジョンヨンになぜそんなにギャラリー館長職に執着をするのかと尋ね、ジョンヨンは、コ・テヒの息の根を止めるには、ジンワンの資金源であり、財界不正の中心に入り込まねばならないと話す。一体、誰が真品を持ち出したのか・・・真品は果たして、どこにあるのだろうか?! 消えた絵を見つけるためのジョンヨンとホンジュの戦い!ジンワンギャラリー館長職を間に置いた死活をかけた戦いが再び、始まる!
「第57話」
“果たして・・・ハン・ジョンヨン、あなたの父は単純な事故で亡くなったのかしら?”
消えた絵がどこにあるのかいよいよ突き止めたジョンヨン!一歩先立って駆け付けたジョンヨンに正規品を奪われたホンジュはジョンヨンと小競り合いをするが、ジョンヨンはホンジュに向かって‘マ・ホンジュ、あなたはもう終わりよ!’と言い勝利の微笑みを見せる・・・ジンワンギャラリーサイドはパク画伯の正規品をソン議員に再び渡すが、ソン議員サイドはいざこざや仮面がかった偽作事件に関わったことを不快に思う。結局、ジンワンのイメージに泥を塗ったという理由でギャラリー館長職をジョンヨンに奪われることになったマ・ホンジュ!その上、テソンまでもがホンジュとの結婚式の取り消しを通達するのだが・・・!ホンジュはギャラリー館長職は諦められても、結婚は諦められないと涙で訴えるが、テソンは冷たいのだった・・・追い込まれたホンジュはテヒを訪ねて行き、このまま1人で死ぬ訳にはいかないと歯ぎしりするのだが・・・自分を助けて欲しいと言いジョンヨンとの取引きを試みるホンジュ。2年前のジョンヨンの父マンボクの死に関わるコ・テヒの悪行が収められた動画をジョンヨンに渡して・・・!
「第58話」
“あなたは・・・生きてる価値もない・・・死んだ方がいいの 死んで!死んでよ!!!”
マ・ホンジュがジョンヨンに渡した動画を見てショックを受けるジョンヨン!動画の中にはマンボクが倒れて血を流しているのにもかかわらず、放置したまま見守っているテヒとサンミンの姿が収められているではないか?!その瞬間、非業の死を遂げた父を思い出して怒りの涙を流すジョンヨン。すぐに、テヒを追いかけて行くのだが・・・
しかし、湧き上がる鬱憤を隠したまま冷たい表情でテヒと向き合い・・・ジョンヨンはテヒから自分を館長職に就かせるという確約を受ける。テヒが自分を助けるつもりがないことを知り頭にきたホンジュは、チン会長に動画を渡しコ・テヒ代表の悪行が世の中に知られれば、ジンワングループのイメージに打撃が加えられると脅しをかけ・・・マンボクが死んで行く姿を確認したテソンはジョンヨンの代わりに復讐するため、また、ジョンヨンへの申し訳なさから、動画を持って警察署に走って行くのだが・・・!
「第59話」
“少しだけ待ちます。あなたが何を考えていたとしても・・・それよりはるかに強くて恐ろしい復讐が待っているから!“
テヒに向かって狂ったように走ってゆくジョンヨン!怒りの思いで埋め尽くされたジョンヨンはテヒにそのままぶつかって行こうとしたが、かろうじて思い留まり、今はまだ時でないということを知り憎悪心を押し殺して感情を何とか整理する・・・自分に駆け寄ったジョンヨンの態度が気に入らないテヒは、自分の前に再び現れたことを骨に凍みるほど後悔させてやると、以前よりもっと大きな墜落と絶望を体験させてやると意気込む。不安な心を抱えたテヒは、ジョンヨンの一挙手一投足を監視するためジョンヨンの事務室に隠しカメラを設置し・・・ジョンヨンを訪ねて来たジュニョクはジョンヨンのためなら何でもするという意向を伝える。これを盗み見たテヒは、ジュニョクを利用する計略を立てるのだが・・・
その時、警察署にマンボクの動画を持っていったテソンは・・・いつの間にかテヒの魔の手により動画が操作されていることを知ることになり、これ以上テヒの悪行をただ見ている訳にはいかないからと、グループ理事と秘密裏に会合を行いコ・テヒを引きずり下ろす計画を密かに企てる。
一方、ミン・ジュニョクのジンワングループ本部長就任式に参加するために会社にきたチン会長は・・・認知症の症状を見せ、しばらく精神が散漫になり街をさ迷い・・・道を歩いていたジョンヨンは以前とは全く違う、見慣れない様子のチン会長と対面することになるのだが・・・!