韓国ドラマ-家族の秘密-あらすじ-詳細-88話~92話-平均視聴率1.7%!先の読めない復讐劇!最終回まで目が離せない。キャストにシン・ウンギョン。OSTラベル,DVD動画も好評!相関図で関係をチェック。


「家族の秘密」
「第88話」
“コ・テヒ、どんなバカげたマネを?なぜこの子を利用しようとする?!”
遺伝子検査結果の用紙を取り上げたジョンヨンとテソン!検査結果・・・ペク・スジョンという子供はウンビョルではないとの判定が出るのだが、ジョンヨンとテソンは両親の直感でペク・スジョンは娘ウンビョルだと確信していた。
一方、テヒとサンミンが取り上げた検査結果用紙には、問題の子供がウンビョルだという判定が出て・・・ペク会長がなぜウンビョルを連れ出し、孫娘として変身させたのか混乱し、ひょっとしてウンビョルが自分たちに何かしようとしているのかも知れないと感じ不安に思うのだが・・・ジョンヨンはペク会長に会い、自分の娘ウンビョルを返してほしいと懇願するが、ペク会長は何の話だ、スジョンはウンビョルとは関係ない子だと言い取り合わない。テヒはペク会長が警察サイドを買収し、ウンビョルの遺伝子検査用紙をすり換えたという事実を知り、ペク会長を訪ねて行ってウンビョルを自分にくれと言うのだが・・・そして・・・自らの人事移動会議の席に誰かを連れて現れたテヒ!思いがけない人物の登場に、人々は皆目を丸くするのだが・・・!!
「第89話」
“ウンビョル!記憶が戻ってきたら・・・もっと苦しむのではないですか?!”
テヒが隠しておいたウンビョルの遺伝子検査結果をジョンヨンのもとに持ってきたユリ!ユリはジョンヨンの足元に跪いて母の罪を許してくれと泣いて請うが、ジョンヨンはこれまでテヒが犯した罪を許すことはできないと言い、もっと大きな災いが起こるのを防ぎ、ウンビョルを守るためにはテヒと戦う他にはないのだと話す。
一方、テヒはウンビョルと水入らずの時間を持ち、親近感を育てて行くのだが・・・テヒの悪だくみによりウンビョルが帰ってこれないでいることを知ったチン会長は、テヒを処断しテヒの罪状を明らかにするための資料を探すが、自分が精神を彷徨わせていた隙に、テヒが資料を横取りしたことを知り惨めな気持ちを抑えきれない。ウンビョルに会ったジョンヨンは喜びとトキメキで胸がいっぱいになるが、記憶を失ったウンビョルは死んだウンビョルの人生は本当に不幸だったとシニカルに話し、他の人であるかのように距離感を持って行動するウンビョルの姿にジョンヨンは心とは違いウンビョルに簡単に近付いて行くことができない・・・
一方、チン会長は平常心を装い、テヒに外出しようと提案し・・・らしくないチン会長の行動にテヒは半信半疑になりながら2人だけの時間を設けるのだが・・・そうしているうちにチン会長は悔恨いっぱいの目つきでテヒを見つめ、受けた傷、恨みや憎しみを胸に刻んで一緒に死のうと言うではないか・・・?!
「第90話」
“ウンビョルに記憶が戻ったら・・・果たして、貴方の懐に抱かれるのだろうか?!”
ウンビョルの前に突然現れたサンミン!ウンビョルはサンミンを見て本能的に恐怖心が蘇って来るのを感じ、サンミンを避けて逃げ、事故現場で倒れるのだった・・・
一方、ペク会長は、娘が生き返ってきたことだけでもただ感謝しようと考えるジョンヨンに、ウンビョルが精神を取り戻しても、敵同士になったジョンヨンとテソンに挟まれてウンビョルは決して幸せにはなれないと話すのだが・・・その頃チン会長はテヒに、全ての荷を下ろそう、共に命を終えようと言い飛び降りようとするが、テヒはチン会長を捕まえて懺悔の涙を流す。やがて・・・無意識状態から目覚めたウンビョル。ウンビョルは自分を側で見守っていたジョンヨンのことを無表情でしばらく眺めた後、起きてどこかに向かうのだが・・・!
「第91話」
“コ・テヒとチャ・サンミンがいる限り・・・ママと私は絶対に幸せにはなれない!”
自らジンワン家に出向いたウンビョル!ウンビョルの記憶はまだ戻っていないようだから、ひとまず憂いの表情はするなというチン会長の命令に家族は緊張し、ウンビョルの行動に注目する。テヒはウンビョルを試すため、わざわざ以前ウンビョルが住んでいた部屋や家族写真を見せるが、ウンビョルは何も分からないという顔をして明るく行動するばかりで・・・チン会長はジョンヨンを呼び、ジンワン家の血族であるウンビョルを自分の手元に置くと話し、ジョンヨンは自分の娘を渡すことはできないと頑固に反抗するのだった・・・生き返った娘ウンビョルへの喜びの思いもさておき・・・ウンビョルの記憶が戻った後、現実にぶつからなければならないという事実がかえってウンビョルを疲れさせるかもしれないと言う事実に、ジョンヨンとテソンの心は複雑になる・・・。そんなジョンヨンとテソンの心配と憂慮を飛び越え、ウンビョルはチョ・サンミンの秘書になると言いサンミンと共に人々の前に現れ、予想もできない事の展開にジョンヨンとテソンは気を落とす。
「第92話」
“いや・・・私はママの家には行けない。いや、行かない!”
ジョンヨンはウンビョルの行動を見て記憶を取り戻したことを悟り、なぜなのか理由は分からないけれど、どうかママを知らないフリだけはしないでくれと訴える。結局、涙を溢れさせてママに会いたかったと告白するウンビョル・・・!2人はついに涙の対面をすることになる。 夢にまで描いた娘、ウンビョルを懐に抱いたジョンヨンは、これ以上望むことなどないと・・・ウンビョルともう離れることはできないから一緒に住もうと言うが・・・ウンビョルはなぜか、それはできないと冷たい言葉を放つのだった・・・その頃. 誰かが自分を害そうとしていることを感知したサンミンはテヒを訪ねて行き、テヒはウンビョルの記憶が戻ったのではないかと疑問に思う・・・ウンビョルが前の人生には戻りたくないと思っていることを知ったテソンは、娘を目の前に置いて家にさえ連れて行くことができないという事実に苦しみ・・・チン会長はペク会長を倒してどうにか孫娘ウンビョルを連れてこなければならないと宣言する。一方、自分が味わった思いを全て返そうと決心したウンビョルは、テヒに向かって背筋が凍るような復讐の計画を立てるのだった・・・!!