韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン(洪吉童)-あらすじ-詳細-13話~17話-ホン・ギルドン(カン・ジファン)、イ・チャンフィ(チャン・グンソク)、ホ・イノク(ソン・ユリ)など、人気キャストが名を連ねる。相関図を見てからDVD動画でより一層お楽しみください。ラベル、OSTも併せて是非!最終回までお届け!


「快刀ホン・ギルドン(洪吉童)」
「第13話」
ホン判書が亡くなったイノクの母の仇であることを確信したホ老人はホン判書に対しあれこれ聞くことになり、かえってギルドンとイサビの縁が切れて幸運だったと感じるようになる。
一方ギルドンが生きていることを自分だけが知らずにいた事実にイノクは酷くショックを受けることになり、ギルドンに対し寂しく空しい思いを隠すことができずにいた…..これを見守っていたチャンフィはギルドンに向かうイノクの思いを知り、自分が慰めなければならない状況が虚しく、苦々しく感じる。これに対しチャンフィはギルドンに新たな提案をすることになり…..
「第14話」
チャンフィはギルドンに、宮にある四寅剣を持ってくることができれば、同僚を生かすことも可能だと提案する。
自分の父との対立を可避できなくなったギルドンはしばらくの間葛藤するが、結局自分が捕えられる代わりに同僚を解放して欲しいとホン判書に要求することにする…
一方ギルドンを救けるため宮の密室に侵入しようとしたマルリョは事故に遭ってしまい、これを見たイノクは自ら宮に入ることを買って出る…
「第15話」
宮に入った女がイノクであることを知ったチャンフィは慌て、どうすればよいかわからなくなる….ガンフィと単独で会うことを望んだギルドンは王の密室にイノクが来ているのを見て困り果てる。
四寅剣を見つけようとイノクは懸命に周囲を見回し、ギルドンはガンフィの視線に負けることなく真っ直ぐに見据え、チャンフィを心配している王に謎かけをしようと提案する….
「第16話」
山荘に入り、活貧党に合流することになったイノク。ギルドンもまたそんなイノクを受け入れ、離れずにお互いを守って行こうと決意する…
宮ではギルドンが姿をくらまし、王はますます狂奔して直ちに捕らえろと命じる。
一方、貿易交渉のために清から来た使節は王にアヘンを送るのだが…
「第17話」
ギルドンに代わって弓矢に当たったチャンフィはギルドンとイノクの助けにより納屋に隠れ、弓を見つけたギルドンは毒の付いた矢であることを知って解毒剤を探しに行く。
涙でグチャグチャになったイノクはチャンフィの手を握り、チャンフィが気を失わないように見守るのだが….