韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン(洪吉童)-あらすじ-詳細-18話~24話(最終回)-ホン・ギルドン(カン・ジファン)、イ・チャンフィ(チャン・グンソク)、ホ・イノク(ソン・ユリ)など、人気キャストが名を連ねる。相関図を見てからDVD動画でより一層お楽しみください。ラベル、OSTも併せて是非!最終回までお届け!


「快刀ホン・ギルドン(洪吉童)」
「第18話」
幽霊たちの間で両班が死んで行くところだという噂が広がり、両班の死体が見つかるとインヒョンはギルドンを捉えるために活貧党がしたことだと触れ回る。これに対しギルドンは直接幽霊を探しに出かけ、そうこうしているうちに呆れた理由を耳にすることになるのだが……
一方チャンフィは四寅剣を通して儒者を集め、本格的な反正を企てることになるのだが……
「第19話」
全国に活貧党という名前で義賊と盗賊が発生し、ギルドンは彼らと糾合大軍を支持する反乱軍になろうと言い、これに対しチャンフィと儒者はこの力を警戒するが、チャンフィはこれを統制できるところまでは行ってみようと言い…..
一方イノクがリュ・イノクだという事実を知ってもチャンフィは君は大切な人だと言い、イノクをギルドンの側へと送るのだが…..
「第20話」
ギルドンを刃物で刺した後まともな精神状態に戻ったイノクはそのまま気絶し、チャンフィはそんな彼女を抱きしめ客主へと連れていくよう命じる….
ギルドンはショックを受けつつそんな彼女を見守る….
一方ガンフィは、全国に広がった活貧党の活躍を受け、活貧党の拠点である馬川山をまるごと防ぐよう命じ、これに対し活貧党は基地を広げてすべての村の人々と肩を組む。
ガンフィはついに、馬川山を全て燃やしてなくしてしまうよう命じるのだが…..
「第21話」
イノクはチャンフィから、王妃だけが持つことができるかんざしを受け取り驚くのだが……
チャンフィはイノクに、それを持って自分の側にいてくれるなら揺れ動くことなく素晴らしい人になることができそうだと言う。
いよいよ旗揚げの日が決定し宮を討つ計画がなされ、ギルドン、チャンフィ、活貧党皆で宮に潜入しようとするのだが、これを知ったガンフィはもっと大きな陰謀を計画して……
「第22話」
軍官の目を避けてかろうじてギルドンに会うことができたイノクは、王が事の内容を知っていることと、宮全体が油の塊となっていることを話し、これを聞いたギルドンは差し迫った危機に直面した状況であることを知る…..
一方ガンフィは官服姿に変装し宮を抜け出す準備を終え、護衛武士らと共に急いで宮を抜け出す。
危険な状況であることを知らないチャンフィは、軍とへミョンが導く活貧党の輩を導いて宮に向かって行くのだが……
「第23話」
四寅剣の真実を知ったものの、すべてをそのままにしてはおけないと判断したチャンフィは夜のうちに即位式を行うことになり…廃主になったガンフィを島流しとする。
四寅剣のことでショックを受けたチャンフィはイノクに自分の妃になるよう強要し、ギルドンとチャンフィの葛藤は深刻化する。
これに対しギルドンは民が建てた新しい王が自分と共に行かないと言うのであれば、衝突するしかないと言い…..
「第24話」(最終回)
活貧党の仲間たちは山荘で王と敵対するために忙しなく戦いの準備をし、ギルドンは初めて自分の武器として刀を持つ。
官軍との戦争が始まり、これを知ったイノクは山荘に飛び込みギルドンに会おうとする。
これに対しチャンフィは危険な山荘からイノクを連れ出すためとギルドンに書札を送ることになるのだが…….