韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン(洪吉童)-あらすじ-詳細-5話~8話-ホン・ギルドン(カン・ジファン)、イ・チャンフィ(チャン・グンソク)、ホ・イノク(ソン・ユリ)など、人気キャストが名を連ねる。相関図を見てからDVD動画でより一層お楽しみください。ラベル、OSTも併せて是非!最終回までお届け!


「快刀ホン・ギルドン(洪吉童)」
「第5話」
殺人者の寃罪を被り官軍に追われたギルドンは、潔白を明らかにするため、トゥッチェ派の輩を殺した者たちを探し回ることになる。
イノクは追われるギルドンに会うため妙案を考えやり遂げ、ギルドンは殺人者ではないと堅く信じる。
反面、イノクは刃物で刺されて重傷を負ったチャンフィを助けることになる。
しかしチャンフィは傷を止血し看護までしてくれたイノクに刃を向けることになり…
「第6話」
トゥッチェ派の輩を殺した主謀者がチャンフィであったという事実を知ったギルドンはチャンフィを追いかけ、二人は対立状態に置かれることとなる。
戦いの途中、ヨンムンの投入によりギルドンは力に押され逃げ出すことになり、一人の力でヨンムンを相手にするには力不足だと感じたギルドン)は盗賊団たち(スグン、マルリョ、ヨン)を訪ねて行って共にヨンムンを討とうと提案する。
反面、四寅剣を手に入れたチャンフィ一行は科挙の試験が開かれる日に王宮を攻撃し、王座を奪う計画を進めていたのだが……
「第7話」
宮廷に侵入して科挙の試験場を制圧しようとしていたチャンフィ一行はギルドンの登場により爆薬が強奪され、謀逆が水泡と消えてしまう。
ギルドンは殺人者の汚名と共に宮を爆破させた主犯格とされてしまい、潔白を主張しようと父ホン・ソヒョンに会おうとするがイニョンから父は自分を捨てたという話を聞かされ絶望する。
一方宮廷では、謀逆の背後にいる者を捕えるために罪なき者たちを皆捕らえ、逆賊として追い立て処刑させるとギルドンはチャンフィを訪ねて行き、罪なき者たちを生かす方法について尋ねるのだが……
「第8話」
ギルドンが死んで四寅剣をホン判書に譲り渡すことが皆を生かす方法だと言うチャンフィの言葉を聞いたギルドンは、ホン判書を訪ねて行き、罪のない者たちを解いて欲しいと頼み、自分を生きたまま捕えないで欲しいと言う。結局ギルドンは官軍に追われて胸に矢を受け断崖の下に落ちて行く。
一方、イノクは会いにくるというギルドンの言葉をもう一度思い出し、ギルドンは絶対に死んでいないと信じる。
そんなイノクはチャンフィを訪ねて行ってギルドンが死んだ場所を調べて教えて欲しいとお願いし、その周辺を隅々まで見回る。
ウネもまたギルドンの死について耳にし胸を痛めるのだが……