韓国ドラマ-快刀ホン・ギルドン(洪吉童)-あらすじ-詳細-9話~12話-ホン・ギルドン(カン・ジファン)、イ・チャンフィ(チャン・グンソク)、ホ・イノク(ソン・ユリ)など、人気キャストが名を連ねる。相関図を見てからDVD動画でより一層お楽しみください。ラベル、OSTも併せて是非!最終回までお届け!


「快刀ホン・ギルドン(洪吉童)」
「第9話」
ギルドンに渡した布の袋に入った彫刻を返してもらったイノクはギルドンの死が信じられずに悲しい涙を流し、遠くから見守っていたギルドンはキッパリと背を向ける。
(一年後)ギルドンを含む活貧党の仲間たちは新しい根拠地を作り、貪官汚吏を叩き、貧しい国民たちに分け与える活動をして生きていた。イノクはギルドンの思い出を胸に刻んだまま、昼にはヨンムン団で細かな用事を、夜には妓楼で薬を売って生きており、チャンフィはそんなイノクを近くに置きなぜか安心感を感じるようになって……
一方、高利貸業者チェ・チョルジュによりに国民たちが苦しみ、金を借りて使った女性がついに供養米三十石で清国に売られそうになり……
「第10話」
スグンは死んだ妹と似ていたシム・ボンサの娘シム・チョンを見て憐憫と愛情を感じる。そんなある日チェ・チョルジュに引きずられて行くシム・チョンを救おうとして足に酷いケガを負い、ギルドンに助けを求めるとすぐにギルドンは活貧党と共にチェ・チョルジュを攻めようと計画する。
一方、ギルドンの眼鏡をヨンムン倉庫の中に流してしまったイノクはそれを探しに行き、チェ・チョルジュの人身売買の現場を目撃することになり、チャンフィの助けにより危険を免れる。
しかしチャンフィはイノクに、これ以上チェ・チョルジュの件に関与するなと言い、これを聞いたイノクはチャンフィに対して酷く失望することになり……
「第11話」
ギルドンと盗賊一行はチェ・チョルジュに連れて行かれた娘たちを探すため彼らの両親を扇動し、自ら娘たちを見つけられるよう助ける。
一方、チャンフィはイノクにより忘れていた自分自身を取り戻すことになり、これに対しノ尚宮は度々チャンフィを動揺させるイノクを消すようチェ・チョルジュを唆す。
チャンフィはチェ・チョルジュに、清に売られる女たちを降ろさせようと船を空けるよう言い、チャンフィは攻撃されることになるが、チャンフィの攻撃に押されるとチェ・チョルジュはノ尚宮がイノクを唆した事実を口にし、チスが投げた剣にあたり、船の下へと落ちて行く。
イノクの危険を知ったチャンフィは狂ったようにイノクを探し回るのだが…..
「第12話」
イノクを探し回ったチャンフィは目の前にイノクを見つけると、ギュッと抱きしめてお前を失いたくないと言う。これに対しイノクは慌てて身体を離すが、イノクの背後をギルドンが掠めると、チャンフィはより一層強く抱きしめる。
ギルドンは官軍に追われてウネの助けを受けることになり、そんな中足にケガを負ったウネを治療する。
一方胸に刻まれていたギルドンが目の前に現れると、イノクはこれが夢なのか現実なのか混乱してしまい……