韓国ドラマ-狂気の愛-あらすじ-15話-16話


こんにちは!ショウコです!
ナヨンの悪行が止まりません。笑
こどもにまで手を出したらアカンでしょ!
と感情移入しながら読んで行ってくださいね!笑
ナヨンは最終回までには改心しているのか、
はたまた刑務所行きになったりしちゃうのか、
はたまた…
そんなことを想像しながら、
続きをご覧ください〜!
「狂気の愛」
15話
必死で町を探しまわるミソ。ヘラムは全くみつからない。
ミンジェもやってきて、一緒に探すが見つからず、家に戻っていないかということで一回帰宅する。
会社のライバルでもあり、お互い人としてもあまり気に入らない
ユジョンとミョンジュだったが、
ミョンジュからヘラムが行方不明になってしまったことを聞いたユジョンは、さすがに心配になる。
それもそのはず。ユジョンも昔、自身の子が行方不明になってしまったことがあるからである。
ナヨンはジェヒョクの部下からヘラムを引き渡される。
ナヨンは罪悪感は感じつつも、ミソに私同等の苦しみを味あわせるためだと自身に言い聞かせた。
そしてナヨンは養母と協力し、養母の家で面倒を見させた。
ユジョンからヘリョンとギョンスにヘラムが行方不明になったという情報を聞く。
ギョンスはミソが心配になる。
ミソは、ヘラムの失踪届けをだした。
そうすると、誘拐された可能性が高く、誰かに疎まれたりと、思い当たる節はないか?
と刑事から聞かれるとミョンジュ。
ミョンジュはすぐに会社をクビにしたナヨンが思い浮かぶ。
16話
ミソはひとり町を探し回っていると、そこにギョンスが現れる。
ギョンスも一緒に探すが見つからない。
一旦家に帰ると、心配そうな表情をしたナヨンがやってくる。
ミンジェから話を聞いた、心配だから差し入れです、と食べ物を差し出す。
ギョンスは、ジェヒョクの部下が犯人ではないかと疑っていた。
以前ミソが連れ去られたときの犯人がジェヒョクの部下だったことを、
DNA検査をしたことで分かっていたからだ。
ミソは気がおかしくなってしまい、幻想を見るようになり、ヘラムと遊んでいる気になってしまう。
そんなミソを見てミンジェが強い口調で正気に戻す。