韓国ドラマ-結婚の女神-あらすじ-詳細-25話~36話(最終回)-最終回まで!人気のキャスト情報、相関図、動画はDVDでチェック!ラベルも素敵。視聴率は二ケタ突破!!


「結婚の女神」
「第25話」
ヒョヌとチヘの写真を見てしまったセギョンの心は乱れる。ヒョヌはラジオを聴き、チヘのコメントが放送されないことが気になってチヘへのメッセージを送る。子供たちを連れたヘジョンはマノの家を訪ね…
「第26話」
マノにテジンを説得して家に帰せと命令するテジン。だがヘジョンはテジンに巨額を請求する離婚訴訟を起こす。テウッはヒョヌのチヘへ宛てたメッセージを読んでしまう。
「第27話」
テウッとヒョヌの間に緊迫した空気が流れる。自分以上にチヘのことを理解しているようなヒョヌの様子に、テウッは言い知れぬ怒りを感じる。マノはヘジョンに離婚訴訟を思いとどまるように説得するが、ヘジョンは決意を固めて訴訟の準備に取り掛かる。
「第28話」
テウッはヘジョンを連れ戻しに行くが、帰ることはないと拒絶される。意固地になっているヘジョンに一週間の猶予を与えて、テウッは帰っていく。ウニはミンジョンとイェソルのお見合いの場所に現れたエジャとヒボンに出会う。
「第29話」
ナムギルは突然ソウルにやってきて、チソンの家にいるチヘを訪ねる。テウッと別れたいというチヘに強く反対するナムギル。ウニは英語塾を欠席し、スンスは心配になる。
「第30話」
ユジンとユリの将来を考えて離婚を思い直せと言われて、ヘジョンは深く物思いに沈む。自分のせいで苦悩するナムギルを見かねて、チヘは再びテウッの実家に戻る決心をする。
「第31話」
実家に戻ったヘジョンはシンヨングループの副社長の座に就く。ニュースで就任式のことを知るテジン。ジョンスクの嫌がらせに耐えるチヘはチャン博士を訪ね、博士から睡眠薬を処方される。
「第32話」
自分の兄の巻き添えにあい、検察庁の留置場にいるヒョヌに、テウッは面会をして謝罪する。ミラの自首によってシンヨングループの賄賂に関する捜査が厳しくなる。ヘジョンにテジンを連れて来いと命令するマノ。
「第33話」
家に帰ってきたテジンは、悪びれることなく子供たちと遊び、その様子にヘジョンは呆れてしまう。病院に搬送されたチヘは応急処置を受ける。チヘは別件を取材していた記者に見つかり、写真を撮られてしまう。
「第34話」
ヘジョンはテジンの刑期を弁護士に聞くと、子供たちには父親が必要ということを覚えていろとテジンに言い聞かせる。睡眠不足がたたり、所構わずウトウトするチヘを見て、胸が締め付けられるテウッ。
「第35話」
令状を持った検察と警察がマノの家へ押しかける。テウッは離婚届をチヘに渡し、故郷へ戻れるようする。ヒョヌは検察庁から戻りセギョンの元へ行くが…
「第36話」
1年後、チヘは小説家になりサイン会の会場に現れたテウッと再会する。昔の新聞記事を読んでいたヒョヌは、チヘの書いた記事を見つけ…