韓国ドラマ-金よ出てこい、コンコン!-あらすじ-詳細-26話~32話-豪華キャストで最高視聴率22.7%!ネタバレ注意!最終回までお届け。DVD動画、ラベルも素敵なコンコン。


「金よ出てこい、コンコン!」
「第26話」
サンチョルと会ったソンウン(イ・スギョン)は慌て、ソンウンの過去を察したヒョンジュン(イ・テソン)は本格的にソンウンを圧迫する。焦ったソンウンはサンチョルに会って、自分の人生から消えてほしいと言う。
サンチョルと会ったモンヒもまた、いろいろ考えて複雑な気持ちになり、これを見ていたヒョンス(ヨン・ジョンフン)は妙な嫉妬心を感じる。
ドクヒ(イ・ヘスク)は、ヒョンテ(パクソジュン)とヨンエ(クム・ボラ)をスンサン(ハン・ジンヒ)の会社の後継構図から完ぺきに消すため、ミナ(ハン・ポルム)との結婚を進めようとし、モンヒョン(ペク・ジニ)はますます不安を感じる。
「第27話」
ヒョンジュン(イ・テソン)はスンサン(ハン・ジンヒ)を動かし、ヒョンス(ヨン・ジョンフン)が日本支社で勤務するように勧め、これを伝え聞いたモンヒ(ハン・ジヘ)はヒョンスが生母を探すための時間的余裕を与えるため、ブランド開発を宣言する。
ミナ(ハン・ポルム)の存在が知らされ、ドクヒ(イ・ヘスク)とヨンエ(クム・ボラ)の攻勢を防ぐのに疲れたヒョンテ(パク・ソジュン)はユナの姿をしたモンヒに会い、ドクヒを防いでほしいと助けを求める。
モンヒはモンギュ(キム・ヒョンジュン)に、アルバイトの代わりに自分の露天商を運営するのはどうかと提案し、モンギュはミンジョン(キム・イェウォン)と共に商売に出る。
「第28話」
ヒョンジュン(イ・テソン)は結局サンチョル(キム・ダヒョン)を細工師として会社に呼びこみ、ソンウン(イ・スギョン)はヒョンジュンの態度にますます焦るようになる。
ヒョンス(ヨン・ジョンフン)が会社で認められるようなブランド開発に努めており、モンヒ(ハン・ジヘ)は良いアイディアを考え出す。
ドクヒ(イ・ヘスク)はモンヒョン(ペク・ジニ)にお金を渡して離婚を勧める。 一方すべての状況を知ったスンサン(ハン・ジンヒ)は怒り、ヨンエ(クム・ボラ)の家に行ってミナ(ハン・ポルム)を家の外に引き出そうとする。 スンサンまで知ってしまった状況で、ヨンエの悩みを見たモンヒョンは実家に行き家族に離婚を考えていることを知らせる。
「第29話」
ソンウン(イ・スギョン)はシムドク(チェ・ミョンキル)に、モンヒ(ハン・ジヘ)がヒョンス(ヨン・ジョンフン)の助けで宝石会社に勤めていることを暴露し、シムドクとモンヒの葛藤はより一層激しくなる。
モンヒョン(ペク・ジニ)はドクヒ(イ・ヘスク)にお金を返すが、ミナ(ハン・ポルム)の家であるソンサングループから、ソンサンデパートへの入店を提案する電話を受けたスンサン(ハン・ジンヒ)は揺れ始める。この事実を知ったヒョンテ(パク・ソジュン)はモンヒョンを連れて家を出る。
モンヒョンの状況を知るようになったモンヒは、自分がスンサン社のためにブランドを開発していること自体が無意味に感じられ、企画案の準備を止めようとするが、ヒョンスはそんなモンヒを止める。 これに対しモンヒは妹と自らの夢との間で葛藤する。
「第30話」
ソンウン(イ・スギョン)とヒョンジュン(イ・テソン)の関係が尋常でないと察したドクヒ(イ・ヘスク)は、チン・サンチョル(キム・ダヒョン)との複雑な過去があることを知るようになる。
シムドク(チェ・ミョンキル)はモンギュ(キム・ヒョンジュン)の見合い相手を調べ、薬剤師の嫁をと期待するがモンギュはこれを断る。
モンヒョン(ペク・ジニ)はヒョンテ(パクソジュン)と自分がいる場所をモンヒ(ハン・ジヘ)に知らせ、ヒョンス(ヨン・ジョンフン)と共に会った4人は新婚旅行をまともに楽しめなかったモンヒョンとヒョンテのため旅行に旅立つ。
「第31話」
ソンウン(イ・スギョン)の過去を知ったドクヒ(イ・ヘスク)は怒ってソンウンに冷たく接する。しかし、ヒョンジュン(イ・テソン)が傷付くことを憂慮しスンサン(ハン・ジンヒ)には秘密にし、ソンウンを利用してヒョンジュンの地位を固めようとする。
ヒョンテ(パク・ソジュン)は突然シムドク(チェ・ミョンキル)の家に居座り、モンヒョン(ペク・ジニ)の側を離れることはできないと言う。
サンチョル(キム・ダヒョン)は過去にモンヒ(ハン・ジヘ)に対してしたことに関して罪悪感を感じ、モンヒとヒョンス(ヨン・ジョンフン)の仕事の手伝いをしようと思い、モンヒと親しく接するサンチョルの姿を見たヒョンスは嫉妬心を感じる。
「第32話」
シムドク(チェ・ミョンキル)はヒョンテ(パク・ソジュン)を送り返せといいスンサン(ハン・ジンヒ)の要求を断り、辞職願いを出す。シムドクの態度にスンサンは慌てる。
ソンウン(イ・スギョン)はドクヒ(イ・ヘスク)の弱点を利用し、退かない意向を明らかにし、ドクヒは揺れるヒョンジュン(イ・テソン)に、自らの秘密を明らかにし当分はソンウンと無難に過ごすことを勧めるが、ソンウンに失望したヒョンジュンは離婚を決心する。
一方トクヒはモンヒ(ハン・ジヘ)を会社で見つけた後、モンヒの正体を知ることになる