韓国ドラマ-ずっと恋したい-あらすじ-詳細-35話~50話-最終回までお届け!ネタバレありかも!?キャスト相関図、動画はYouTubeにてチェック。


「ずっと恋したい」
「第35話」
夜中、ミンジャの状態を聞いたテヤンはミンジャの病室の前まで行くがとても入ることができず、バッタリ会ったユビンはテヤンに鋭い反応を見せる。一方、セッビョルは自分が家政婦だったことをジェミンが知っていたという事実に泣き出し・・・
「第36話」
テヤンはユリに、結婚を進めようと話しユリは同意してヤンスンに挨拶に行こうと言う。ヨンランはドンジュンにテヤンの辞表を受理しようと言い、テヤンが両親を連れてきてユリに紹介する姿を見たと話し、それを聞いたドンジュンはテヤンを誤解することになり・・・
「第37話」
ウジュはヒョンジュに、医者から大体の事は聞いたがミレを本当に愛しているので率直に話してほしいと頼み、ヒョンジュはミレの状態について話す。一方ユリはヨンランに、テヤンの家から結婚の許しを受けたと伝え、不安を感じたヨンランは酒に酔って苦しみ・・・
「第38話」
ヨンランはマルスクに、ユリとテヤンの結婚を許すわけにはいかないので防いでほしいとお願いするが、マルスクはヨンランに、過去を明らかにして結婚を防ぐ他にはないと言い、ユリに告白しろと話す。マルスクはテヤンを訪ねて行って、ユリの家が反対していることを言い訳にして結婚を止めようとするけれど・・・
「第39話」
意識を取り戻したミンジャはユリに相続させることはできないと言い、遺言状を直すから弁護士を呼べと言う。ユリはテヤンの家を訪ねて行き、テヤンの傷を庇える人は自分しかいないと言い許しを求める。一方セッビョルはスアを自分の子として出生申告するのだが・・・
「第40話」
ヤンスンはユリに、テヤンの生母がヨンランであることを明らかにし、マルスクはテヤンとヨンラン二人ともがお互いのことを死んだと思っているからこのまま終わらせるようユリを説得する。一方、ユリを探しにテヤンの家に押しかけたヨンランにヤンスンは、ユリにヨンランの過去を話したと言い・・・
「第41話」
ヨンランはユリに、テヤンの家族が自分の過去についてした話はみな偽りだと言うが、ユリはそんなヨンランの行動にあきれ返る。一方ミレは、結婚相談所で結婚相手として子供がいる離婚男を探すのだが・・・
「第42話」
テヤンはユリに、自分だけを信じてついてきて欲しいと頼み込むのだが、ユリはテヤンのために根気強く結婚を拒否する。ユリはヨンランに、過去に産んだ子供を一度も懐かしがったことないのかと尋ねるが、ヨンランは興奮しながら事実を否定する。一方ミレは結婚相談所で紹介された弁護士と見合いをすることになるのだが・・・
「第43話」
テヤンはユリと、二人だけの結婚式を挙げようとするがユリはテヤンを置いてヨンランと共に居なくなってしまう。ヨンランはユリに、自分の過去を全てさらけ出し自分が罪の代価を支払うからテヤンの元に行けと言い川に飛び込もうとするのだが・・・
「第44話」
ユリはヨンランに、なぜ自分を産んだのかと恨み、ヨンランに対する怒りに苦しむ。テヤンは病院の荷物を整理し、家族に病院を辞めると話す。一方ウジュは、ミレが結婚相談所で会った弁護士とまもなく結婚することになったと言う事実を知ることになり・・・
「第45話」
ユリは看護師長の連絡先を知り、事実を確認しようとしてヨンランの髪の毛と歯ブラシを持って遺伝子鑑識センターへ向かう。一方ヤンスンは、ユリを忘れることができず食事も摂ろうとしないテヤンに、女一人のためにいつまでそうしているのかと叱り飛ばすが、テヤンはヤンスンを恨んで怒り・・・
「第46話」
ジョムスンはテヤンの部屋から結婚礼服を見つけ、ヤンスンとマルスクに見せる。ヤンスンとマルスクはユリを訪ねて行って約束を守らないならテヤンに秘密を告げなければならないと話す。ユリは突然胃痙攣を起こして苦しみ・・・
「第47話」
ユリはヨンランにその子が死んでいなかったとしたらどうするのかと尋ね、我が家から逃げたくて息子を訪ねて行ったのかと怒る。ミンジャはドンジュンにテヤンを初めて見た時から嫌だったと言い、30年前のヨンランの目つきと似ていると話す。一方ヤンスンはヨンランに電話をかけて、言いたいことがあるので家に来いと言うけれど・・・
「第48話」
テヤンはヤンスンに、ユリとの結婚を反対する本当の理由は何なのか話してくれと言うが、ヤンスンはとても話すことができない。一方マルスクがヨンランと話している姿を偶然見ることになったスッキはマルスクに誰なのかと尋ね、マルスクはヨンランを兄嫁だと話す。スッキはヨンランに、マンべと付き合っていたのかと聞くとヨンランは慌てはじめ・・・
「第49話」
スッキは家政婦であったセッビョルとジェミンが似合うわけがないと、二人の仲を強く反対しジェミンに直接別れるよう告げる。一方、テヤンはユリと共に父の納骨堂を訪ねて行き、その前でユリを紹介して嗚咽し、ユリはテヤンを慰めながら共に心を痛めるのだが・・・
「第50話」
ユリはヤンスンに、ヨンランは自分を生んでくれた実の母ではなく、テヤンと共に遠くで生きて行くと言うがヤンスンは絶対にダメだと反対する。一方ミンジャとユビンはテヤンの家を訪ねて行き、金の入った封筒を投げ入れて出て来るのだが・・・