韓国ドラマ-ずっと恋したい-あらすじ-詳細-99話~114話-最終回までお届け!ネタバレありかも!?キャスト相関図、動画はYouTubeにてチェック。


「ずっと恋したい」
「第99話」
ミンジャとのこともあり、セッビョルが考えもしない程の多くの人々に対して腹を立てたジェミンはセッビョルを気の毒に思い大声を出す。一方ユリを訪ねて行ったドンジュンは、なぜまだ証拠物を持ったままでいるのかとユリを問い詰めている最中、テヤンと向き合うことになり・・・
「第100話」
ユリはテヤンにまだ証拠物を探し出すことができていないと嘘をつき、テヤンはユリに証拠物はあきらめようと話す。一方ドンジュンの元へ証拠物を探しに行ったヨンランは思いがけない事実を知ることになるのだが・・・
「第101話」
ドンジュンは証拠物を取りにきたヨンランを守るという名目で地下のメディアルームに閉じ込める。一方帰ってこないヨンランのことを心配したテヤンは、ドンジュンを疑いドンジュンの元を訪ねて行き、母を隠したのかと大声を張り上げ警告するのだが・・・
「第102話」
今のすべての状況に腹を立てて残念に思ったユビンはテヤンに怒り、テヤンはヨンランを救うために跪いてまでユビンに助けを請う。一方ヨンランを素直にテヤンの元に送ったドンジュンはまた他の証拠物を使ってテヤンを脅迫するのだが・・・
「第103話」
ジェミンはミョンジュンの助けを受けてセッビョルのためにサプライズプレゼントとイベントを準備し、ジェミン家族は久しぶりに幸せな時間を過ごす。一方テヤンは、ドンジュンの脅迫に勝てずに再びヨンランをドンジュンの家に送り返し、心にもない酷い言葉を吐くことになるのだが・・・
「第104話」
ヨンランをドンジュンの元に送ったテヤンは警察署へ向かい、ヨンランの殺人未遂とリベート賄賂授受について偽りの自白をする。一方ヨンランとテヤンが共に警察署に行かなかったという事実を知ったユリは、ドンジュンを訪ねて行って母に会わせてくれとお願いするのだが・・・
「第105話」
ドンジュンは思わずユビンに病院に出勤するよう話し、ユビンはそんなドンジュンに、病院も辞めるし相変らずお父さんを愛しているけれど、お父さんのような卑怯な生き方はしないと話す。一方ドンジュンはテヤンを捨てたことへの贖罪だと考え、ドンジュンの側に一生留まるというヨンランの言葉に腹を立て・・
「第106話」
マルスクは、ヨンランの代わりに嘘の自白をして監獄に入ったテヤンに若干の寂しさを感じる。一方テヤンがドンジュンから無言の脅迫を受け、自白したという事実を知るようになったユリはドンジュンの引き出しから携帯電話のようなUSBを発見することになるのだが・・・
「第107話」
ドンジュンとの揉め事の最中に倒れて頭をぶつけたユリは病院に担ぎ込まれることになり、ユビンは病院でもユリの事を考えようともしないドンジュンの姿にただ苦しんでいた。一方ヨンランは再び警察署を訪ねて証言することになるのだが・・・
「第108話」
テヤンはヨンランを押してはいないというヨンランの証言が立証され、テヤンは拘置所から解放されることになる。一方ミョンデはユリが与えた証拠資料をどうしたら良いかわからず、ドンジュンに一部始終を説明することになるのだが・・・
「第109話」
長引くセッビョルの吐き気に、スッキはセッビョルが妊娠したのでないかと勘付き、セッビョルの妊娠の知らせにジェミンは気分を良くする。一方テヤンはユリが証拠を提出してテヤンの元を離れようとしたというドンジュンの言葉に、ユリの車へ向かって監視カメラからドンジュンがユリを押している場面を確認するのだが・・・
「第110話」
ユビンはユリの病室でテヤンと向き合うことになり、私が母をあなたのもとに送ったように、ドンジュンを許してほしいとお願いする。一方目覚めたユリはテヤンが寝ている合間を利用して証拠物を探しにテヤンの車へ向かい、証拠物を手に持って出て来た瞬間ドンジュンと遭遇することになり・・・
「第111話」
ドンジュンは屋上の欄干に上りユリを脅迫し、そんな二人を見て後をついてきたテヤンが危険な状況にあるドンジュンを救い出す。一方偶然に証拠物を手にすることとなったミョンジュンは、証拠物を確認してショックを受けることになり、テヤンを呼んで助けて欲しいとお願いするのだが・・・
「第112話」
屋上での一件以降、ユリはショックと恐怖に包まれまともに話ができなくなり、テヤンとヨンランはユリを連れてテヤンの家へ向かう。一方ドンジュンは、ユリの事は眼中にもないかのようにひたすら証拠物のことで頭がいっぱいで、消えた証拠物について考えながらテヤンの家を訪ねて行くのだが・・・
「第113話」
セッビョルに続き、スッキも妊娠していることが分かりスッキの妊娠を知ったミョンジュンはとても喜ぶ。一方テヤンの復職に関する案件と、ドンジュンの院長解任の案を置いて開かれた病院理事会議室に現れたテヤンとヨンチョルによってドンジュンは慌て、ヨンチョルはテヤンのリベートの件に関する真実を明らかにすることになり・・・
「第114話」
テヤンが証拠物を有していると考え、ユリを地下のメディアルームに閉じ込めたドンジュンだったが、証拠物はミョンジュンの手にあるという事実を知りユリを解放する。一方ミョンジュンは最大限ドンジュンを守ろうと、ドンジュンに辞退を勧めて説得したが、耳を傾けようともしないドンジュンを見兼ね、テヤンに再び証拠物を譲り渡して理事会で証拠を公開してほしいとお願いするのだが・・・