韓国ドラマ-その女が恐ろしい-あらすじ-詳細-108話~118話-最終回までネタバレ、感想有。過去BS11でも放送。最高視聴率は17%!。相関図、動画はDVDでチェック!!


「その女が恐ろしい」
108話
ホームショッピング録画会場画面が開き、美人モデルが軽快な音楽に合わせてウォーキングを見せる。そしてギョンピョとウネは、下段に出た売り切れというテロップを見て歓声をあげる。TVを見たペク会長は初めて発売した商品が売り切れて活気が付いたようだと笑いながら、引き続きギョンピョに化粧品はいつ放送されるのか尋ねる。この時、チョンジンは冗談で、アパート分譲もホームショッピングでどうにかならないかと言い、皆顔をくしゃくしゃにして大笑いするのだった。暫くしてウネはギョンピョに、ひょっとしてヨンニムは今日の放送を見たかも知れないというのだが、ギョンピョは過敏な反応をみせるのだった。一方、保育園でヨンニムは・・
109話
飲み屋でジスクに会ったギョンピョは、ジュンチョルを通じてその間起きたことを聞いたことや、その女が姿を消したという話を聞いて、自分もヨンニムのことが不安だったと聞かせる。そしてギョンピョは、ヨンニムがいつも口癖のように言っていた‘私を刺激せずに放っておけ’という言葉と共に、もしこの言葉を自分が聞いたなら、自分はあまりに苦しんだだろうと打ち明ける。一方、ウネはジュンチョルに、ジスクとギョンピョがよく行き来して話をしているのが気になると言い、ジュンチョルは、ジスクの意図がいったい何かわからないと首を横に振る。そしてヨンニムは、こっそりペク会長を訪ねて行って突然抱きしめ・・・
110話
ヨンニムは幼稚園建設を進める。そして、グンソクに候補地を探してもらうように頼む。ジュンチョルは、ヨンニムへの想いをヤン会長の奥さんに告げる。
111話
ヤン会長夫人はヨンニムを訪れる。衝突する2人。喧嘩を続けるウネとギョンピョだった。そんな状況で、ヨンニムに優しく接するギョンピョ。
112話
ジュンチョルはショッキングなことをヨンニムから聞き、どこかへ消えてしまう。
ヨンニムは幼稚園建設を進めているが、それに助言をするギョンピョ。
113話
ペク会長はチョンジンに、ギョンピョとウネがいまだに冷戦中かと聞いて心配するが、チョンジンは今回ちょっと長引きそうだと返事をする。そして、ペク会長はヨンニムに電話をかけて、ヨンニムがチネに行くという事実を聞き、いつ帰ってくるのかと尋ねる。一方、心が落ち着かないウネはペク会長に、ギョンピョとずっと共に生きて行くべきか、やめるべきか悩んでいると言い、ペク会長に、ヨンニムは心安らかにすごしているのかと尋ねる。そしてチョンジンはギョンピョに、ウネに謝れと助言するが、ギョンピョはそんなに単純な問題ではないと言い・・・
114話
ウネが封筒をギョンピョに渡すとギョンピョはウネに、全部一人で決めておいてどこが協議離婚なんだと尋ねる。するとウネは愛嬌もなしに、慰謝料もないのに何を協議する必要があるのかと言い返す。ギョンピョは、赤ん坊は産めなかったのでなく失敗しただけと言い、自分たちはまだ若いのでいくらでも希望を持てるではないかと話しながらも、いっそのこと離婚請求訴訟を起こせと言う。暫くしてウネはギョンピョに、ひょっとして最近ヨンニムと近い関係になっているのではないかと言い、ギョンピョはあきれ返るのだった・・・
115話
ヨンニムの報告を受けたペク会長は、キム秘書からウネが双子を産んだという話しを聞いてとても驚く。ヨンニムもやはり驚いて、自分が子供を産んだ時のことを思い出してしまうのだった。一方、ウネは病院で、赤ん坊が元気だという言葉を聞いて安心し、新生児室にいる赤ん坊を見て知らぬうちに涙を流していた。暫くしてペク会長は病院に走って行き、ウネと赤ん坊を見て口元に微笑を浮かべる。そしてチョンジンはキム女史に、自分は結婚するつもりはないけれど、赤ん坊がいたら良いと言い・・・
116話
ヤン会長の奥さんとウネは、ジュンチョルの小説を読み、それは現実になるのかと怖くなる。そのような状況で、チョンジンは接触事故を起こす。
117話
ペク会長は会議を招集するが、ヨンニムの姿がないので心配になる。その頃、ある町内病院でヨンニムは昏睡状態になったまま眠り込んでいたのだが、意識を取り戻す。この事実を知ったスンミは直ちにヨンニムの元を訪ねて行き、いったい何があったのかと心配する。そして、会社でペク会長はキム秘事からヨンニムが頭をケガしたという事実を聞き、驚いてギョンピョを病院に送る。暫くしてウネと共にヨンニムの元を訪ねて行ったギョンピョは、ヨンニムとジュンチョルの姿を見て気まずくなり、しばらくの間要旨説明資料に関する言葉を交わすのだったが・・・
118話
ギョンピョは赤ん坊にキスをしながら、キム女史お婆さんの話をよく聞くように言う。これに対しキム女史は、自分をお婆さんとは呼ばないでくれと頼み、周囲を笑いで包むのだった。一方、退院したヨンニムはペク会長を訪ねて行き、誰がそのようなことをしたのか尋ねられても自身でもよく分からないと答える。これに対しペク会長は、ジウンの両親がしたことだろうと察しながらも、単に子供の親であるというだけで信じるのかと暗に尋ねる。するとヨンニムは、ペク会長に申し訳ないと言いながら、ペク会長は何があったのでヨンニムはそんなに不誠実になったのかが気になると話し・・・