韓国ドラマ-その女が恐ろしい-あらすじ-詳細-8話~14話-最終回までネタバレ、感想有。過去BS11でも放送。最高視聴率は17%!。相関図、動画はDVDでチェック!!


「その女が恐ろしい」
8話
スンミからグンソクを通して調べてみたと言われ、ヨンニムはギョンピョがアメリカ出張に行ってはいないとの事実を知ることになる。黙って聞いていたヨンニムは、ここからは自分が処理するからスンミにもう止めろというのだった。一方、ペク会長はチョンジンが女子職員に暴行したという投書を見てチョンジンを呼び入れる。これに対しチョンジンは、女子職員とぶつかった一部始終を説明し、キム室長もその話に同調するが、ウネからこの事実を聞いたギョンピョは、これはチョンジンの自作劇ではないかと考えるのだった・・・
ヨンニム-ユ・ソン、ギョンピョ-カン・ソンミン、ウネ-チェ・ジョンユン、チョンジン-キム・ユソク、ペク会長-ノ・ジュヒョン、キム女史-ユ・ジイン、グンソク-キム・ヒョンボム、スンミ-ユン・ジスク
9話
グンソクはヨンニムに、たった今通り過ぎて行った車の運転手を見たかと尋ねるのだが、ヨンニムは横顔が似ていたとだけ言い残すだけだった。そして、不動産仲介所で仕事をしているグンソクの従兄弟と会ったヨンニムは、パンフレットを受けとって、こんなに大きな家は必要ないと話し、たくさんの人が集まって住んでいる家を紹介してもらう。ちょうどその時ギョンピョはあちこち飛び回りながら、真剣に町の再開発についての調査を行っていた。一方、ウネは、ペク会長に系列会社の座は全て決まったのかとチョンジンの話を上手に聞き出そうとするが、ペク会長はチョンジンとギョンピョの器を比較するのだった・・・
ヨンニム-ユ・ソン、ギョンピョ-カン・ソンミン、ウネ-チェ・ジョンユン、チョンジン-キム・ユソク、ペク会長-ノ・ジュヒョン、キム女史-ユ・ジイン、グンソク-キム・ヒョンボム、スンミ-ユン・ジスク
10話
スンミと一緒にギョンピョについてああだこうだと話し合っていたヨンニムは、最後には感情が爆発し、もうやめてと言いながら涙を落とす。側にいたグンソクはスンミに、ヨンニムをしばらく放っておけと話すが、ヨンニムは確実に裏切られたのだと言い、ギョンピョから慰謝料を取るべきだとスンミは主張する。一方、町内の公園に行ったヨンニムは、サッカーボールを蹴って遊ぶ子供たちのボールを取ってあげるのだが、子供たちが恐がって逃げると苦笑を浮かべる。かと思えば、ウネはギョンピョに接触事故以外の事件について聞いてみるが、ギョンピョは知らないと答え・・・
ヨンニム-ユ・ソン、ギョンピョ-カン・ソンミン、ウネ-チェ・ジョンユン、チョンジン-キム・ユソク、ペク会長-ノ・ジュヒョン、キム女史-ユ・ジイン、グンソク-キム・ヒョンボム、スンミ-ユン・ジスク
11話
ギョンピョは車で近付いて行き、ヨンニムはしばらくボーっとしていたのだが、瞬間的に彼の前を遮って立ちはだかる。するとギョンピョは冷たく、自分の名前を呼ばないでくれと言ったではないかと言い、ヨンニムのことことはもうずっと昔に忘れたと話してヨンニムの目を涙でいっぱいにする。追い立てるようにギョンピョは、今後一切目の前に現れないでくれと言うのだった。こうしてヨンニムを傷つけたギョンピョは、気を取り直して車を運転するのだが、接触事故を起こしてしまう。 一方、中華料理屋で役員会議を終わらせたペク会長はチョンジンに、よく準備してくれたと激励するのだが・・・
12話
スンミと一緒にギョンピョについてああだこうだと話し合っていたヨンニムは、最後には感情が爆発し、もうやめてと言いながら涙を落とす。側にいたグンソクはスンミに、ヨンニムをしばらく放っておけと話すが、ヨンニムは確実に裏切られたのだと言い、ギョンピョから慰謝料を取るべきだとスンミは主張する。一方、町内の公園に行ったヨンニムは、サッカーボールを蹴って遊ぶ子供たちのボールを取ってあげるのだが、子供たちが恐がって逃げると苦笑を浮かべる。かと思えば、ウネはギョンピョに接触事故以外の事件について聞いてみるが、ギョンピョは知らないと答え・・・
13話
ウネは退勤し、ギョンピョに賭けたものを覚えているかと言い、結果を見てみようと言うが、ギョンピョは平然と自分の推測が合っているだろうと話して笑う。そして会った二人、そこでギョンピョはウネに、なぜペク会長はギョンピョを置いてチョンジンと共に行ったのか気になって仕方ないと話し、ギョンピョは香料研究員のためにだろうと言う。一方、ヨンニムは寝ついたのだが、多くの事象がパノラマのように脳裏を過ぎて行き、果てしないため息を吐くのだった。その時、大家のおばさんがヨンニムに、美しい顔が崩れてしまって残念だと言い、金持ちの老人との結婚を仲介すると言うが、そんなことを言われるなんてと情けなく感じたヨンニムは・・・
14話
ある整形外科に相談を持ちかけたヨンニムは、この病院ではそんなに大きな手術は不可能だと言われ、絶望を感じたまま引き返す。病院に居合わせた元記者のジュンチョルは看護師からヨンニムについて聞きだし、すぐに誰かと電話をしながらヨンニムについてあれこれ尋ねる。一方、家族同士の食事の席でチョンジンはウネに、どこに新婚旅行に行くのかと尋ねるが、ペク会長は忙しい年末だから、新婚旅行は返上しなければならないかもしれないぞと脅すが、ウネはそれなら夏休みを二倍にしてと言い笑ってみせたのだった。