韓国ドラマ-シンデレラの涙(天国の涙)-あらすじ-詳細-20話~22話-あらすじネタバレもあり!最終回まで目が離せない!との感想続出!キャストの情報もあります。動画、ラベルはDVDにて。BSやCSで人気です!


シンデレラの涙(天国の涙)
「第20話」
チャヨンはソンギョンと一つ屋根の下での新婚生活を始め、チャヨンを受け入れることのできないソンギョンはチャヨンが作ったスープをシンクに捨ててしまったり、コーヒーカップを割ってしまうなどヒステリーを働かせる。 しかしチャヨンはそのたびにソンギョンを見ながら、全てのものを捨てて出て行けと対抗する。ジェインはキヒョンに対するヘジョンの執着のせいで、ことごとにヘジョンの指摘を受けることになり、ヘジョンに、死んだキヒョン兄さんのことは忘れるよう忠告をする。 ヒョンテはソンギョンに、デパートも難しいのに、ヒョヌンを直ちに経営に参加させろと忠告するがソンギョンは反対する。ソンギョンはチャヨンにジェインのためにパスタを作っておけと言うのだが、ジェインは口に合わないという理由でチャヨンを無視する。 チャヨンはジェインをかばって回るソンギョンの姿を見て、痛む心をなで下ろす。 チャヨンはジェインの前で、生母について話し始めソンギョンをが不安に苛まれるようにする。ソンギョンはジェインを利用して、自分に復讐してくるチャヨンの存在を絶えず拒否し、チャヨンはそんなソンギョンに、根はまだあると挑戦する。ヒョンテは工事を中断させた新築ショッピングモールに関して、ソンギョンがジェインのことで揺れ動き、欲を捨てないのでジェインに対するソンギョンの母性が理解されないのだと不満そうに指摘する。資金調達のためにシンデレラの持分を担保として取られるため、イ会長の家に行ったソンギョンはヒョヌンと会う。ドヨプはキヒョンの納骨堂に、ヘジョンを連れて行くのだが、ヘジョンはキヒョンの仮面をかぶせたソンタンがいなければ生きてはいけないと、断固として話し実の息子であるキヒョンを見ることを拒否する。 疲労で病んで横になっているソンギョンを看護するチャヨンとソンギョンはお互いに対してなんとも言えない切ない感情に包まれる。ヘジョンの招待で行われた夕食、ジェインはソンギョンとヒョンテとキヒョン、そしてドヨプが聞く中でチャヨンの生母をさげすむ内容の話を続ける。ソンギョンが居心地の悪い憂いの表情をすると、ドヨプはソンギョンを助け、そんな彼らを見てヒョンテは真顔になるのだが…
「第21話」
ヘジョンの招待で成り立った夕食の一時、ドヨプがソンギョンを助けると、そんな彼らを見てヒョンテは真顔になる。ヒョヌンはチャヨンとの、叶わぬ愛に苦しさを深める。チャヨンはソンギョンになぜ自分を捨てたのか、会いたいと思ったことはなかったのかと尋ねるが、ソンギョンは‘私の娘はジェイン一人’と言い、チャヨンに傷を与える。 チャヨンはジェインの前で、あなたの実体を明らかにすると怒るのだが、突然吐き気を催す。 チャヨンにもしあなたが妊娠しても、生まれないようにするというソンギョン。一方キヒョンはヘジョンが子供に対する執着によりジェインを疲れさせていると知り、すぐにジェインを復職させて妊娠を先送りにすると対抗し、ソンギョンに辞表を提出する。妊娠検査をしてみたチャヨンは自分がキヒョンの子供を宿したことを知り絶望し、ジェインもまた、妊娠の兆しを見せる。イ会長は病院で癌が再発したという診断を受け、息子をはじめ、全ての人に隠したまま死を迎える準備を始める。産婦人科で妊娠8週という診断を受けたチャヨンはジェインと産婦人科に来ていたキヒョンに会う。診察を受けて出てきたジェインは、チャヨンと向き合うキヒョンを見ることになり、チャヨンに自分が妊娠4週であったことを知らせる。 皆に自分の妊娠の事実を知らせるわけにはいかないチャヨンは、イ会長の前で押し寄せる悲しみに涙を流す。一方ジェインは妊娠だと確信していたが、診察の結果想像妊娠であることが明らかになるのだが、皆には事実を隠す。悪阻に苦しむチャヨンを見たソンギョンは、絶対に妊娠を認めないと言い、ヒョンテはドヨプを家に招く。 チャヨンの財布から超音波写真を見つけたヒョヌンは、すべての事実を告白しようとするチャヨンの唇を、痛む心を押さえながら覆うのだった…
「第22話」
イ会長はソンギョンに対するチャヨンの復讐をもう止めさせてほしいとヒョヌンにお願いする。ドヨプはヒョンテから夕食に招待され、ヒョンテがソンギョンと自分の関係に気が付いたことを確信する。チャヨンは堕胎手術を決心し、産婦人科に行くのだが、手術できずに飛び出し、チャヨンが妊娠したのかもしれないという疑いをぬぐい去ることができないジェインは、産婦人科に電話してチャヨンの妊娠の事実を確認する。不安になったジェインはソンギョンの家でしばらく休んでくると、キヒョンと共にソンギョンの家に行く。ジェインはソンギョンにチャヨンの妊娠の事実を知らせる。ジェインはチャヨンのお腹の子供がキヒョンの子供かもしれないという疑いが深くなり、キヒョンもまた、蜜月旅行の記憶が思い出されて不安に襲われる。 チャヨンのお腹の子供が誰の子供かと責め立てるジェインにヒョヌンは自分の子だと話し、チャヨンを守ってくれる。ヒョヌンはチャヨンに、自分がお腹の子の責任を負うと話すが、チャヨンは自分だけが旅立てば良いと言い、その必要はないと断る。ヘジョンはソンギョンの家に行くジェインに、超音波写真を持ってこいと督促し、ジェインはチャヨンの部屋を探してヒョヌンとチャヨンの布団が2つある様子を見、二人の結婚は偽装結婚なのではないかと疑いを持つ。ソンギョンは、ヒョヌンとチャヨンが婚姻届を提出し提出ないことを知っていきり立つ。お腹の中の子供は自分の子供かと確認してくるキヒョンに、チャヨンは違うと念を押す。ジェインは産婦人科に電話をかけてチャヨンが妊娠8週であるとの事実を確認し、キヒョンの子供であることを確信すると、チャヨンをより一層困らせ始める。 一方ソンギョンは、ジェインのカバンから生理用ナプキンを発見し、ジェインから妊娠ではなく想像妊娠であったという告白を受ける。ソンギョンは堕胎をさせるためにチャヨンを無理に産婦人科まで連れて行き、ジェインが死ぬところを見たくなければ直ちに堕ろせと催促し、これにチャヨンは反発するけれど…