韓国ドラマ-スキャンダル-あらすじ-詳細-33話~36話-キム・ジェウォン主演。最終回までネタバレ有!?動画や視聴率、キャスト情報はオフィシャルサイトにて。KNTVで日本語字幕放送!


「スキャンダル」
「第33話」
「お前は息子ではないんだから、俺の家から出て行け」
テハはウンジュンに家を出て行けと言う。しかしウンジュンはテハの息子として生きていきたいと言い一緒に自首をしようと説得する。
これにテハは怒りを爆発させウンジュンを無理やり追い出し、ハ・ミョングンとユン・ファヨンの息子として生きろと怒鳴る。
ファヨンはジュランとジュピルを見つけると怒りを露わにして、二人を殺人未遂で刑務所に入れると脅す。
「第34話」
「ク・ジェイン弁護士を解任しますので席をはずしてください」
スヨンはジュンヒョクと一緒に旅行に出かけてしまう。ウンジュンは、ジュンヒョクの正体を知って急いで2人を追いかける。
テハとの離婚訴訟裁判が始まるとファヨンはク・ジェイン弁護士を解任し、自分で自分を弁護すると告げる。
ファヨンはマンボクに、バットマンから受け取ったジュランとマンボクが作った覚書を渡す。このことでマンボクは複雑な心境になる。
「第35話」
「それでも私たちは生き続けなければなりません」
テハはウンジュンがテハの罪を被って自首したことを知って驚きを隠せない。
マンボクはそんなウンジュンの行動でついに敗北を認める。
テハグループの一人息子のチャン・ウンジュンに殺人教唆の疑いがあるとニュースの速報が流れると、事情を知っている人たちは胸を痛めた。
ファヨンはテハのところに向かい、ウンジュンを助けてくれるように懇願する。
「第36話」
「いつかまたお互い会いましょう」
ミョングンの具合を悪化しウンジュンは急いで彼のもとに向かう。
奇跡的にミョングンは意識をとり戻し、ウンジュンに一緒に登山をしようと言う。
テハはついに自首をする。このことでジェイン、ジュハ、ジヌンは会長の席を取りあうよう互いに意識を強くする。
ファヨンはテハに会いに行き、ウンジュンを助けてくれたことを感謝した。
テハは、ファヨンとの離婚を承諾する。
ミョングンは退院しウンジュンとの念願の登山に出かけ、親子のつかの間の時間を過ごすことができた。