商道(サンド)-あらすじ-詳細-16話~18話-韓国ドラマ-最終回まで、BSで放送決定!ハイライト動画はyoutubeで視聴。壁紙、ラベルも人気。


「商道(サンド)」
「第16話」
チョン・チスがマンサンを裏切り松房に入って、ホン・ドクチュをはじめとするマンサン店主人たちは衝撃を受ける。大定江の船の火災だけでなく、大定江入り江の清国商人を遮断したのもやはり松房の仕業であると感づいたマンサンは開城商人と対決する覚悟を固める。
パク・チュミョンはチョン・チスを開城商人の本傳の大行首に命じ、タニョンは複雑な思いに苦しむ。偶然ミグムに会ったチョン・チスが彼女に冷たくすると、ミグムは当惑する。チョン・チスの裏切りを知ったミグムは大きな衝撃を受け、ホン・ドクチュは娘ミグムを心配するあまり、胸が張り裂けそうになる。
一方、ホ・サンボの妻が広めた噂によりサンオクは公金流用の疑惑をかけられることになる。サンオクが公金を流用して清国妓女を買ったという噂がホン・ドクチュにまで及び、ホン・ドクチュはサンオクを呼んで公金流用の真偽の有無について尋ねる。サンボから一部始終を聞いたホン・ドクチュはサンオクを許し、サンオクに本傳書記の業務を任せる。
信じていたチョン・チスの裏切りに衝撃を受け寂しがるホン・ドクチュにサンオクは痛ましさを感じる。ホン・ドクチュはサンオクに、現在マンサンが面している危機を抜け出す方法を講じるよう指示する。約束した10日が過ぎて、サンオクはシルクの処分・平壌柳商との協力・サダンペを通した鍮器販売などの解決策を提示し、ホン・ドクチュはサンオクに全てを任せるのだが…
「第17話」
タニョンから支援金上納を拒絶された宣恵庁の公人たちは絹の買い入れのためにマンサンを訪ねて行く。公人たちはマンサンにも絹買い入れの代価として支援金を要求するが、ホン・ドクチュはこれを断固として断る。損失を甘受しながらも公人たちの不当な要求を断ったことについて混乱するサンオクにホン・ドクチュは人の道理をつくすことがまさに商道だと話す。
松房とマンサン両方から支援金を拒絶されて慌てた公人たちは支援金を諦める。その代わりマンサンと開城商人に価格競争をさせ、最大限低価格で絹を買い取ることにより、宣恵庁から来年の物量をさらに確保しようと計画を立てる。
公人たちから絹買入の入札通知を受けた開城商人とマンサンは損失を甘受し絹を納品しようとする。これに対しホン・ドクチュは絹納品入札の件をサンオクに任せる。サンオクは宣恵庁納品期日が差し迫っているという事実を知り、秘密裏にタニョンに会い、公人たちの計略に嵌らぬよう方法を考える。
宣恵庁絹納品のための入札場、緊張する開城商人とマンサン一行らとは違ってサンオクとタニョンは淡々と入札に臨む。サンオクとタニョンが記載した入札価格を確認した公人たちは彼らが本来市価の通りに入札したので慌て、入札を流れさせる。
チャン・ソクチュはタニョンに最大限低い価格で再入札しろと要求するが、タニョンは自分が思った通りに処理すると話し、サンオクもまたホン・ドクジュに全てを任せてほしいと話す。悲壮な雰囲気の再入札場、サンオクとタニョンは前日よりさらに高い価格で入札価格を書いて提出し…
「第18話」
清国使節行列を迎えるための朝廷の官吏が義州を訪問すると義州府尹は宴会を催す。宴会に参加するよう通知された開城商人とマンサンはそれぞれ出席の準備をし、サンオクとチョン・チスも宴会に同行する。義州官衙で対面した開城商人パク・チュミョンとマンサンホン・ドクチュ一行の間には張りつめた緊張が流れ、チョン・チスは努めてホン・ドクチュの視線を避ける。
朝廷から派遣された官吏が他でもないユン・ジョンホだという事実にサンオクは驚き、ユン・ジョンホもまたサンオクとの再会を喜び昔を回想する。サンオクの才能を惜しむユン・ジョンホはサンオクに、まもなく開催される譯科の科挙に受験してみることを薦めるが、サンオクは歴官の夢を諦めて商売人になることを決心したと話す。
一方、宣恵庁絹納品に関連した責任を負って代行首席から退いたタニョンに代ってチョン・チスが義州松房のすべての権限を委任される。パク・チュミョンはチョン・チスからマンサンを枯死させる方法を考えるよう指示を受けて、マンサンの動向を見回すために血眼になる。
ユン・ジョンホからまもなくが科挙が開かれるという話を伝え聞いたサンオクは、科挙試験に必要な物を先行獲得するため商団を設けて遠征に発とうと決心する。ホン・ドクチュから遠征の許しを受けたサンオクは、商団を組織してマンサンの動向を監視していたチョン・チスはサンオクの目的を知ろうと血眼になる。
チョン・チスはサンオクが商団を設けた目的を知るためにユ・トチョルを買収する一方、サンオクを牽制するため自分も商団を設ける。チョン・チスはユ・トチョルを通してサンオクが科挙試験に備えて紙を先行入手しようとしているとの事実を知ることになり、サンオクを邪魔するために紙の原料である楮を先行入手するのだが…