韓国ドラマ-最高の愛-あらすじ-詳細-1話~9話-ネタバレあり。日本語字幕や日本語吹き替えはYouTubeにて。動画、レーベル、キャスト情報はDVDにて。視聴率20%越え!挿入歌はOSTでチェック!


最高の愛
「第1話」
「国中の皆んなに好かれるハートの熱い男、トッコ・ジンの正体は?」
10年前の超人気アイドルグループ「国宝少女」の一員だったク・エジョンは、今や僅かな番組に出演しつつ、何とか芸能人としての生活を送っている。ある日、たまたま通ったガソリンスタンドでトップスターが乗っているバンを見つけ、それを見ていると揉め事に巻き込まれてしまう。エジョンはそのわがままで態度の大きなスターらしき人物に侮辱される。
その一方で、トッコ・ジンは最近公開された主演映画の評判が上がらず、イライラしていた。そしてピーター・ジェイソン監督の新作ハリウッド映画に自分の英語力が原因で出演を逃したと知る。その話を偶然耳にしてしまったのは…
「第2話」
「エジョンは疫病神、近づくなー!」
電話クイズの最後の問題で、エジョンのミスによって自らの賄賂の事実を公共の電波に載せてしまったトッコ。焦ってエジョンを掴まえて、製作会社に編集を依頼しろと詰め寄る。なんだかんだエジョンとやりあった挙句、トッコはエジョンの車にわざと突っ込み、被害者のように振る舞って病院に搬送される。
新たな漢方医を採用するために向かった先で、ピルジュはエジョンと出会うが、誤解を受け水をかけられる。
「第3話」
「高価な薬を作って謝ったら、許されるだろうか?」
自分を心配するエファンから逃れるため、エジョンはトッコの車に慌てて乗り込んでその場から離れる。公園の傍に車を停めると、そこに現れたおばさんたちに夫の暴力に悩んでいる妻だと思い込まれてしまう。自分の存在がトッコのイメージダウンに繋がってしまうと考えたエジョンは、どこかへと姿をくらます。
TV収録前にエジョンはジェニと一緒に漢医院を訪ねる。するとそこの院長が「カップルメイキング」の出演者であると知る。エジョンはジェニに急かされ何も知らない振りをして、院長の施術を受けることにする。ドアの向こうにいる院長がピルジュだと判るとびっくりして…
「第4話」
「どうしてエジョンのような分際で…」
意表をつくピルジュの判断に、撮影現場に居合わせた誰もが驚く。エジョンはピルジュから受け取ったバラの花に喜び、撮影現場にやってきたトッコに選ばれたことを自慢する。
トッコはいつも自分のペースを狂わせるエジョンの存在が気になり始めていた。エジョンはエファンが手にしていたピルジュのペンを返すため、漢医院へと向う。そこでかつて「国宝少女」のメンバーだったミナを見かけて…
「第5話」
「私を思い出すと、ときめくはず!」
エジョンは目覚めると、そこがナイトクラブではなく見知らぬ場所で、そしてトッコが側にいることに驚く。トッコは照れながらエジョンに好きだと打ち明けるが、頑として受け付けないエジョン。その反応に衝撃を受けて、トッコはとっておきに技で今にときめかせてみせると意気込む。
トッコの車に乗っているエジョンを見つけたピルジュは首を捻る。セリのデビュー記念イベントに参加せず、その時トッコは遊園地でイベントを行っていたという報道に、セリは愕然とする。
「第6話」
「いとも簡単に切られた!」
エジョンと一緒に周りに気が付かれないように映画館を出て行くトッコ。トッコがセリと別れたという話はやっぱり本当なのかとキムPDとハン作家は“となりにいた若い女の子”に関心を向ける。エジョンのことを心配するピルジュ…
「カップルメイキング」の野外収録日。デートを賭けたミッションに挑戦する女性出演者たちのヒザ相撲の戦いが繰り広げられる。現場にやってきたトッコは、エジョンの目を見張るような実力に、不満を感じてブツブツ文句を言う。
「第7話」
「トッコさんのような人にときめくなんて…」
エジョンがピルジュと仲良さそうにしているのを見たトッコは、嫉妬の炎を燃やしながら、ジャガイモを握りしめて帰っていく。トッコはエジョンが買い揃えた具材でカレーを作って食べ、エジョンは嘘発見器の反応に意気消沈する。すれ違いの二人…
トッコを取るかピルジュを取るかで、エジョンの仲間が大揉めに揉めているのを尻目に、セリにトッコとの関係を質問するピルジュ。「カップルメイキング」の製作チームは、ホームページで出演者のお気に入りアイテムを出品させ、慈善オークションにかけるイベントを発案する。
「第8話」
「私の朝顔の花を踏みつけるつもりですか?」
記者たちに囲まれて困っていたエジョンの前にトッコが現れて、寄付をしたのは俺だと言い放ちイメージを挽回する。「カップルメイキング」の製作チームは番組を盛り上げるために、ピルジュにエジョンを脱落させてほしいと頼むが、ピルジュはいたく困惑する。
トッコが自分の心臓が弱いこと告白すると、驚いたエジョンは心配に思う。ピルジュに対する気持ちが高まっていくセリ。ピルジュもエジョンへの思いを口にする。
「第9話」
「哀れな片思いはエジョンの特許よ!」
トッコは手術後遺症の深い眠りから解放されたと告げ、その言葉にエジョンは不安を覚える。トッコは自分の意に反した身の回りのものを片付けつつも、セリとのCMの契約を継続することを決意する。母親の叱咤を受け流しピルジュは、恋愛小説を読んではエジョンへの思いに胸を膨らませる。
トッコは心拍数6090を超えない安全圏内で平穏な日々を送っていた。だが何かが虚しいと感じていた。セリはピルジュの漢医院を訪ね、ばったりミナと会う。