韓国ドラマ-真実-あらすじ-詳細-9話~11話-キャストに日本でもおなじみのチェ・ジウを迎え、韓国での視聴率は50%以上!ラベル、ロケ地も人気。動画はDVDでチェック。最終回まで見逃せない!


「真実」
「第9話」
ジャヨン(チェ・ジウ)はヒョヌ(リュ・シウォン)を自分から引き離そうとする。そしてヒョヌが見ている前でスンジェ(ソン・ジチャン)を抱いて涙を流す。ヒョヌはそんなジャヨンを見て腹を立て引き返してしまう。シ二(パク・ソニョン)の要請通りすべてを果たしたスンジェは就職するため会社に行くが、警備という職が気に入らずシ二に怒り、シ二は他の仕事場を探すと約束する。
シ二は学校広報ボランティアとして撮影をしている間、放送局ディレクターに良い印象を持たれリポーターとしてまで活躍することになる。そしてヒョヌとの約束に、どうしたら良いか分からぬ程喜ぶ。
一方スンジェはシ二が探してきた二番目の働き口はもっと良くないことを知り腹を立ててシ二の家の前まで訪ねて行く。家の前にいるスンジェを見つけたシ二は慌て、誰もいない場所までスンジェを連れて行く。ちょうどその場を通りかかったヒョヌは二人を見ることになり、これまで起こった全てのことはシニの計略であったという事実を知ることになる。
「第10話」
ヒョヌ(リュ・シウォン)はシ二(パク・ソニョン)とスンジェ(ソン・ジチャン)の話を偶然聞くことになる。シニがスンジェを使って自分をジャヨン(チェ・ジウ)から引き離させたという事実を知ったヒョヌはシ二に対する失望を表わし腹を立て、シ二は全てを話すから自分の話を聞いてほしいとヒョヌに哀願する。そしてヒョヌは両親にシ二がしたすべての事を話しシ二と婚約はしないと話すが、これを聞いたヒョヌの両親は呆れる。
ジャヨンは自分の居場所を誰にも教えるなと言い残して江陵にある叔母の家まで降りて行く。ジャヨンと連絡が取れないヒョヌはジャヨンを探し回り、シ二もまたジャヨンがどこにいるのか心配していた。スンジェを使ってジャヨンの居場所を探せと言い、ヒョヌより先に見つけ出してジャヨンの心を変えろと言う。
ウンシル(パク・ギョンニム)の助けによりジャヨンがいる所まで行ったヒョヌはジャヨンに、全てはシ二のせいで起きたことだと話すが、ジャヨンは相変らずヒョヌを自分から遠ざけようとする。
「第11話」
江陵にいるジャヨン(チェ・ジウ)を見つけたヒョヌ(リュ・シウォン)は初めは葛藤を感じたが、その内お互いの愛を確認することになる。試練にあった二人の愛はより一層確かになり、喜んで江陵を離れて家に戻る。ジャヨンはシ二(パク・ソニョン)に会って、今後は自分とヒョヌの邪魔はするなと宣戦布告し、この言葉を聞いたシニは仕事が手につかない程になる。
ヒョヌは父にジャヨンと一度だけ会ってほしいとお願いし、父はヒョヌの願いを受け入れる。ヒョヌは両親との対面が決まったことをジャヨンに伝え、ジャヨンは喜ぶ。ヒョヌはジャヨンの家に挨拶に行き、これを見守っていたシ二は母にスンジェをつかってヒョヌとジャヨンを別れさせたという事実をさらけだす。この話しを聞いたシ二の母はジャヨンの母に、ジャヨンの留学費を出すからヒョヌとの交際を中断させろと言うが、ジャヨンはそれはできないという。一方ジャヨンはヒョヌの両親との出会いの場所に行こうとするが、スンジェ(ソン・ジチャン)がこれを邪魔し結局は拉致されることになる。