韓国ドラマ-紳士の品格-あらすじ-詳細-11話~20話(最終回)-日本でも大人気のチャンドンゴンなど、豪華キャストの相関図をチェックして、友情、ラブストーリーの展開を予想してお楽しみください!最終回までお届け!吹き替え版も是非!


「紳士の品格」
「第11話」
キャンプをしに来た4人の男たちはテーブルセッティングをしながらテントを張るなど万全の準備を整える。
酒だけしか持って来なかった4人の男たちは、横のテントにいる女性たちのところに行ってラーメンと酒を取り変えようと提案するが、すでに誰かが先手を打っており…
「第12話」
ドジン(チャン・ドンゴン)は、4人の男たち皆が決意に充ちた真剣な表情でカフェに集まり、ユン(キム・ミンジョン)の主張によりタバコを止めようと決意した3年前を振り返るのだった…
「第13話」
ドジン(チャン・ドンゴン)は二十代中盤の4人の男たちの、一貫性ある別れに対処するにはどうしたらよいか考えるのだが…
「第14話」
1994年夏、ドジン(チャン・ドンゴン)はコンピュータを本ほどの厚さに縮小させ、別名ノートブックを作れば良いと言い始め、ユン(キム・ミンジョン)はいっそ水を買って食べろと言って笑い話にするのだが…
「第15話」
テサン(キム・スロ)と紳士たちは、30初めに訪問した予備軍訓練場で会った一等兵助教授のことを、ジョンロク(イ・ジョンヒョク)のカフェでまたもや見かけることになるのだが…
「第16話」
ユン(キム・ミンジョン)は過去、自身の妻の葬式が何より大切だと言って駆け付けたドジン(チャン・ドンゴン)、テサン(キム・スロ)、ジョンロク(イ・ジョンヒョク)のことを思い出すのだが…
「第17話」
4人の紳士たちはテサンの家でサッカーオールスター戦を見て、誇らし気に自分たちのヒーローについて話し始めるのだが…
「第18話」
4人の男たちが皆でユン(キム・ミンジョン)の車に乗って遊びに行く途中、後続車にぶつかられて事故に遭う。
良い車に乗った20代初めの男性が運転手であることを確認した後、100%父親の車だと思い、降りるや否や首の後ろを押さえつつオーバーアクションをして見せるのだが…
「第19話」
4人の紳士たちはレストランの窓際に座り無駄口を叩き、4人の女たちを待つ。
モデルオーラでセクシーに着飾ってきた4人の女性のことが気に入らず、考えた上ナプキンを使って…
「第20話」(最終回)
イス(キム・ハヌル)、セラ(ユン・セア)、メアリー(ユン・ジニ)、ジョンスク(キム・チョンナン)はナイトクラブのVIPルームでブッキングしようとするが、ドジン(チャン・ドンゴン)、テサン(キム・スロ)、チェ・ユン(キム・ミンジョン)、ジョンロク(イ・ジョンヒョク)に引っかかりひどい目に遭うのだった…