韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-103話~105話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第103話」
マンボクは人を使ってハ船長の行方を見つけ出そうとし、新聞にマンボクの記事が出るのを待っていたハ船長は賭博場を転々として時間を過ごす。ヒョンチョルはイテヤン水産で自分が企画した観光都市事業に関して働きかけを受けた人たちが内密調査されるという話を聞いて深刻な状況になる。
ヘジュはスチョルに謝ろうと電話をかけるが、スチョルは冷たく電話を受け無視する。スチョルは町内のカフェでチョンディレクターと話しヘジュを思い出しては苦しむが、その瞬間、自分の目の前に水をブッカケてきたヘジュに慌てる。胸を叩きながらバカみたいに愛を信じてしまった自分を悔やむヘジュ。ヘジュから愛という言葉が出てきたことに、笑いが込み上げるスチョルだった。
一方、ギニョはマンボクの会社を訪ねて行って離婚申告書を突きだす。マンボクは何ごともなかったようにふるまうが、ショックの余り手の施しようがないほどに揺れ動き…
「第104話」
ジェヒはヒョンチョルの招待を受けてスンシムに会いに行くが、ジェヒがオクシムの孫娘であると一目で分かったスンシムは仰天する。ヒョンチョルは何も知らないはずのスンシムがジェヒのことを知っていたので狼狽し、挨拶から始めようとしていたのだが状況が状況なのでやむを得ず事実をそのまま説明する。ジェヒと結婚するというヒョンチョルの言葉を聞いたスンシムは立ち上がって部屋に入ってしまう。
ソンジュは深刻なストレスにより胃痙攣を起こして病院に運ばれて行き、ドンスは胸を痛める。ソンジュを愛したことを後悔しないと決めたドンスは最後に病床のソンジュを残して背を向ける。本能的にドンスの思いに気がついたソンジュはタクシーに乗って、ドンスの家に逃げる。
一方、家に戻ったソンジュにオクシムは厚かましいと言い、苦しかった昔の話を持ち出して、ピルドゥもドンスの思いを初めて確認する。結局ピルドゥはドンスを呼んでソンジュと共に出て行って生きて行けと言うのだが…
「第105話」
ピルドゥは明け方、まだ覚めないソンジュを起こしマンボクのことは絶対に許せないからこのまま出て行ってほしいとお願いする。ソンジュがいなくならないとマンボクに復讐することができないと言うピルドゥの言葉にソンジュは泣き喚き、こんなに愛をもらったのにもう離れることなどできないと言う。見るに耐えなくなったドンスはソンジュの荷物をまとめながら涙をこらえる。
ヒョンチョルはジェヒのことで倒れてしまったスンシムのために生まれて初めて料理をするのだが、スンシムはそんなヒョンチョルを見てかえって熱を出してしまう。スンシムはジェヒをとても愛しているというヒョンチョルの言葉にあきれて開いた口が塞がらない。ジェヒはソンジュとドンスの苦しみを他人事とは感じられず涙を流す。
ソンジュはマンボクを訪ねて行き、自分のためにドンスの家族に許しを乞うてほしいとお願いするが、マンボクは断る。
結局ドンスはソンジュに離婚書類を差し出して…