韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-118話~120話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第118話」
ドンソクとノ社長はアラを挟んで決闘を行う。アラのためにドンソクはノ社長から殴られ、見守っていたアラは心を痛めて泣きながら殴らないで欲しいと頼み込む。アラの反応が意外だったドンソクとノ社長。アラが肩を落としノ社長の後ろでごめんなさいと言ったその途端、ドンソクがアラにキスをする。
ピルドゥの状態は日に日に悪くなり、食べ物もまともに食べられなくなる。ソンジュの誘いによりドンソクが学んでいる料理学校にドンスを連れていくピルドゥ。バレないようにソンジュとドンスをもう一度繋いでくれようとしているのだが、ソンジュはそんなピルドゥの思いが分かってぎこちなくなる。
一方、アラとドンソク、ヒョンチョルとジェヒが一度にドンスの家に挨拶に来て、あたかも自分のことのように喜んだソンジュは果物を準備するのに忙しく..
「第119話」
スチョルはヘジュを訪ねて行って、マンボクのために自分と別れようとしているのなら何も気にするなと言う。その瞬間動揺したヘジュは、心からのスチョルの思いにグッと感動するが最後まで自尊心を保とうとし、結局最後はスチョルの懐に抱かれ涙を流す。
マンボクは検察調査により不安を感じ焦り、一人酒を飲み、考えれば考える程にゾッとしてピルドゥのことを思い出していた。スンシムはジェヒに会いに行って一緒に仕事をしているヒョンチョルを見て背を向け、付いて行こうとしていたジェヒは不覚にも立ち止まる。
ヘジュはソンジュにマンボクが拘束されるかも知れないことを知らせ、これを知ったオクシムはソンジュに家へ帰るよう言うのだが…
「第120話」
マンボクのことを知ったドンスの家族はソンジュを家に帰そうとするが、ソンジュは最後までピルドゥの側で看病すると言う。ドンスとソンジュはピルドゥの思いを楽にしてあげることだけを考え、あとは流れに任せようと言う。別れてもお互いに愛し合う二人はついに涙を流す。
ジェヒはスンシムの許しを受けるため編物で服を作り、スンシムがキムチの漬け込みをする日に家を訪ねて行く。スンシムはジェヒにキムチの漬け込み作業を手伝わせ、抜け目なく仕事をこなすジェヒの思いを感じ心が揺れる。
一方、ドンスの事務室を訪ねて行ったピルドゥはドンスを信じて投資してくれたファン社長に感謝の挨拶をする。家族はこれ以上ソンジュを見てはいられないので送り出そうとするが、ピルドゥは検察にマンボクの再調査依頼をしなかったことを告白する…