韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-121話~123話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第121話」
ピルドゥはマンボクの検察再調査受付を家族に渡し、自分のことはいいから家族で決めろと言う。オクシムはこれに混乱し、ジェヒはピルドゥの心の内を感じる。スンシムは夜中から自分のために服を手編みし、キムチの漬け込みまで手伝ったジェヒの思いに感動する。
ヒョンチョルは結婚に反対するスンシムに、自分はジェヒに会えたので生きて来ることができたと言い、一度だけ折れてほしいと頼み込む。スンシムは生まれて初めて自分の前で涙を見せたヒョンチョルの背中を叩きながら涙を流し、結局ヒョンチョルの意思を受け入れることにする。
一方、ピルドゥはドンスとソンジュを呼んで、二人が結婚する姿を見たいと言う。ドンスはこれまで抑えてきた感情を涙で溢れさせ、検察職員に逮捕されようとしていたマンボクはピルドゥに会いに行き…
「第122話」
マンボクはピルドゥを訪ねて行き涙をもって謝罪するが、闘病で憔悴したピルドゥを見て開いた口が塞がらない。ピルドゥはマンボクの罪はソンジュが全て償ったと言うが、マンボクは胸が張り裂けそうになりながらソンジュを見つめる。検察職員の手により捕らえられて行ったマンボクはドンスにソンジュを頼むと言い残す。
ドンソクとアラは結婚の準備で忙しく、ジェヒはスンシムを再び訪ねて行き、食事の準備をしていたスンシムを抱きしめる。そんなジェヒのことが嫌ではないスンシムはジェヒの純粋な姿に笑みを零す。スチョルはマンボクが拘束されたという事実を聞きヘジュの元に走って行く。
一方、ピルドゥはソンジュに化粧をし、服を着飾らせて写真館へ連れていく。ソンジュは家族と共に写真を撮ることに戸惑うが、ドンスとドンソクに手を引かれ家族写真を撮るのだった..
「第123話」
ピルドゥは家族と共に悲しみの中にも明るい笑顔で写真を撮り、安らかな顔で遺影を撮る。近づく別れを実感する家族。ソンジュは口を押えて涙を流し、ドンスはソンジュの肩を抱く。ソンジュはピルドゥの頼みでギニョを訪ねて行きマンボクが許しを請いに来たことを伝える。
ドンソクはピルドゥのためにアワビ粥を作り、アラにこれからはシッカリ生活して行くと言う。ドンソクに感心したアラはドンソクを褒め大きなビルディングの店に連れて行き、ここが二人の店だと言う。ドンソクは自分を人として作り上げるために小さな食堂で料理を学ばせたアラの心遣いに感動する。
一方、ジェヒとヒョンチョルの結婚のためにピルドゥとスンシムは挨拶をすることになり、ドンソク、アラと合同結婚式を挙げることになるのだが…