韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-19話~21話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第19話」
結局オクシム(ヨ・ウンゲ)の金の指輪を見つけ出せなかったソンジュ(チョ・ヨジョン)は申し訳なさを感じ、新しい指輪を買ってオクシムの元を訪ねて行く。しかし、オクシムは新しい指輪であることを知って激怒し、二度と家を訪ねてこないでくれと言う。ソンジュはそんなオクシムの態度が残念で涙を流す。
ギニョ(キム・ポヨン)はソンジュの家出がかえってヒョンチョルとの婚約を操り上げることになったと言い、ソンジュにもうそろそろ諦めろと言う。ギニョはうっかりマンボク(キム・ヨンチョル)を愛して結婚したわけではないと言ってしまい、ソンジュはギニョの元彼が誰なのかを心配していた。
ドンスはドンソクとオクシムがソンジュに酷いことを言った事実を知り、ソンジュに謝る。
オボク(キム・ジヨン)は金の指輪を見つけ出せないパク執事を疑い、必ず犯人を捕まえると脅しをかけるのだが…
「第20話」
ヒョンチョルは予想もできない状況に慌て、自尊心を傷つけられたソンジュは飛び出す。
ヘジュ(ユン・セア)とスチョル(ド・イソン)は大洋水産広報映像製作の件で会うようになり、スチョルは完ぺきな振舞いをするヘジュを不思議そうに見つめる。スチョルはヘジュの名刺を受け取り、ヒョンチョルの会社で仕事をしているソンジュの妹であることを知り作業をあきらめる。熱心なヘジュはスチョルが残して行ったシナリオを掴む。
一方、ジェヒ(シン・ジュア)は大洋水産に面接を受けに行き、莞島で永らく仕事をしていたためひじきについてよく知っている点がチョ部長の気をひき採用される。ドンスは辛くも楽しいミネラルウォーター配達の仕事をしながら、ソンジュへの思いはますます深くなるのだが..
「第21話」
ドンス(キム・ジフン)はソンジュ(チョ・ヨジョン)がナイトクラブの社長の娘だというウェイターの話を聞いて驚く。ソンジュが名前まで嘘をついていた事実にさらにショックを受けたドンス。しかし、ドンスはソンジュがナイトクラブのミネラルウォーターを注文し、自分を助けようとしたという事実に固まってしまう。
スンシム(コ・ドゥシム)はソンジュを家に招き、ギニョ(キム・ポヨン)はサンファンきのこをソンジュに持たせる。ソンジュはスンシムとの約束をスッカリ忘れてオクシム(ヨ・ウンゲ)を訪ねて行って甘え、オクシムはソンジュにドンスの幼い頃の話を聞いて涙を浮かべる。
ドンスはソンジュに電話をかけ、屋根裏部屋で会おうと言う。ひどく緊張したソンジュは自分を見つめるドンスの目つきに驚き、ドンスは冷たくソンジュの正体は一体何なのかと尋ねるのだが…