韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-31話~33話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第31話」
ドンス(キム・ジフン)はソンジュ(チョ・ヨジョン)の愛の告白に当惑を隠すことができず、認めることのできない現実を恐ろしく思う。ヒョンチョル(チョン・チャン)の存在を知っているドンスはソンジュに結婚する人がいるのではないかと言い聞かせるが、ソンジュは自分の感情に確信が持てず混乱する。
ギニョ(キム・ポヨン)はオボク(キム・ジヨン)を送って家に戻り、久しぶりに自由を満喫する。マンボク(キム・ヨンチョル)はギニョにヘジュ(ユン・セア)の相手を探すよう言うが、ヘジュはソンジュの結婚が先だと答える。ソンジュはマンボクの野心を感じて恐ろしくなる。
一方、オボク(キム・ジヨン)はアメリカ行きの飛行機に乗らず、ギニョに内緒で空港の近くのサウナに留まり主婦賭博団に捕まり逮捕されてしまうのだが…
「第32話」
マンボク(キム・ヨンチョル)は主婦賭博団として逮捕されTVに出たオボク(キム・ジヨン)を見てびっくりする。ギニョ(キム・ポヨン)は遠征賭博をするためにアメリカから出てきたのではないかと誤解し、マンボクは考えただけでもゾッとする。この時、オクシム(ヨ・ウンゲ)とピルドゥ(チョン・インテク)もTVでオボクを見かけ首をかしげる。
ソンジュ(チョ・ヨジョン)はドンス(キム・ジフン)がひじき機械を用意するために多量の金を必要としていることを知り、自分もお金を出そうとヨンマンに会う。ソンジュはヨンマンに、ドンスには内緒でお金を渡して欲しいと頼みこみ、ヨンマンはどうして良いかわからず途方に暮れる。
一方、スチョル(ド・イソン)が助監督として作業した映画が試写会を開くが、スンシム(コ・ドゥシム)とヒョンチョル(チョン・チャン)はデートを兼ねて映画を見に来たソンジュ、ドンスと会ってしまい…
「第33話」
ヒョンチョル(チョン・チャン)はソンジュ(チョ・ヨジョン)がまた自分に嘘をついてドンス(キム・ジフン)と一緒に映画館に行っていたことを知り怒りで固まる。何も知らないソンジュはドンスと一緒にいるという事実がとても幸せで楽しい。スチョル(ド・イソン)はヒョンチョルとソンジュ、ドンス一行を見て複雑な気持ちになる。
マンボク(キム・ヨンチョル)はハ船長(メン・サンフン)の働き口を用意して彼に会う。ピルドゥ(チョン・インテク)の電話番号を手に入れることになったマンボクはハ船長の携帯電話に入力されていたピルドゥの電話番号を消去する。
ソンジュはドンスを思っているためヒョンチョルに会うのが辛く、法事にきてほしいというヒョンチョルの言葉にもまだ結婚したわけではなからと言って断固として断る。ヒョンチョルは初めて自身の考えをハッキリ言い現したソンジュを見て慌てるのだが…