韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-40話~42話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第40話」
ソンジュはヒョンチョルとの婚約を破談にしようと心を定めマンボクに話そうとするが、ギニョは愛のない結婚も不幸だが、愛だけを持って結婚することはできないと言いソンジュを説得しようとする。しかしすでにソンジュの思いはドンスに向かっていた。
ドンスはソンジュのことを考え、熱心にひじき事業に専念するが、ソンジュを助けるために明け方市場に出て行きヒョンチョルに会ってうっかり倒れこむ。ソンジュはヒョンチョルを放っておきドンスと共に席をはずし、ヒョンチョルは歯をくいしばる。
一方、ヒョンチョルに会って鼻血を出したドンスを見つめたソンジュはドンスの顔を拭きながら申し訳ない気持ちになる。そんなソンジュの鼻先にサッとキスするドンスだった…
「第41話」
ソンジュはマンボクに好きな人ができたと告白し、予想だにしない展開に慌てたマンボクは信じられず、どんな男かと尋ねる。ソンジュはドンスをミネラルウォーター配達員だと紹介するが、すでにマンボクがイカルスでドンスと会ったことがあったのでもっと驚く。
オボクは久しぶりにハ船長と会えたことが嬉しくてあれこれ尋ねるが、ハ船長はオボクと会ったという事実をマンボクが知っているのではないかと思ってハラハラする。スチョルはヘジュが酒に酔って倒れたのをネタにして意気揚揚としているが、記憶がないヘジュは思いのままにスチョルを扱うことができない。
一方、ヒョンチョルは婚約を取り消そうとするソンジュに、手遅れだと言い断念させようとするが、ソンジュの心は変わることがない。ドンスに会いに行ったソンジュは自分を喜ばせようと歌を歌ってくれるドンスを見て胸が痛くなり、離れられずに走って行って頬にキスするのだが…
「第42話」
ヒョンチョルはソンジュがドンスの頬にキスした後幸せそうにする姿を見てすぐにマンボクの家に走って行く。婚約日を決めるというヒョンチョルはソンジュが何も言えないよう強行に出るが、ソンジュは呆れる。ソンジュを愛していないとしたら、マンボクの側で会社を育てることもなかったというヒョンチョルの言葉にギニョとソンジュは驚く。
ヘジュは記憶を辿り、スチョルが自分の頬を叩いた事実を思い出し、スチョルを朝早く事務室に呼ぶ。 突然ヘジュに頬を殴られたスチョルは先に殴ったのはヘジュだと言い契約を破棄すると言う。
一方、ソンジュはギニョと共にスンシムに会いに行き、婚約式場をおさえようと明るい表情になったスンシムは近所の人々に自慢する。 ソンジュは愛する人がいるならば思い出に留めて生きろと言い自分を宥めようとするギニョを置いて車で逃げるのだが…