韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-46話~48話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第46話」
ドンスは決意を固めてソンジュと共にソンジュの家に入る。腹を立てたマンボクはドンスの言葉を聞こうともしないが、ギニョはソンジュの母なのでドンスの話を聞いてみると言う。今この時点で何も持ってはいないが、ソンジュを心から愛しているという堂々としたドンスの言葉にソンジュは胸を熱くする。しかし、ギニョは胸を痛めマンボクは最後まで無視する。
ヒョンチョルは愛だけで生涯を生きぬくことはできないと言い、ドンスに諦めるよう言うが、ドンスはソンジュの選択を尊重しなければならないと言い、人が他の人のために生きることは間違っているとヒョンチョルに撃って出る。
一方、ジェヒは酒に酔って身体を支えることすらできないヒョンチョルを助け、ヒョンチョルの家に行こうとするがスチョルと会う。突然の状況に慌てたジェヒはスチョルに、自分が誰なのか明らかにできぬまま、逃げるように離れるのだが…
「第47話」
ソンジュは偶然マンボクとヒョンチョルの会話を聞くことになり、マンボクが自分とヒョンチョルの婚約を前提にショッピングモール運営を許したという事実を知ってあきれる。ソンジュはもしドンスが相手ではないとしてもヒョンチョルとは絶対に結婚しないと言い、これ以上人生を操縦するなと断固として語る。
ヒョンチョルはチョ部長をつかってヨンマンのひじき超微粒子技術を買い入れようとするが、ここにもドンスが関連していることを知って激昂する。ドンスが先に機械の特許申請をしたので手遅れだと鬱憤を晴らそうとするヒョンチョルは、絶対にアイテムを諦めることはできないと歯をくいしばる。
一方、マンボクはイカルスに立ち寄ってピルドゥとドンス、ソンジュが屋台の開業準備のために働く姿を見て驚くのだが…
「第48話」
マンボクはドンスがピルドゥの息子であることを確認し、足の力が抜けてふらつく。ギニョはドンスの屋台開業を手伝って帰ってきたソンジュからピルドゥが大変な思いをして生きて来た話を聞いて心を痛める。ギニョは絶対にマンボクの話をピルドゥにしないで欲しいと頼みこみ、ソンジュはそんなギニョの態度に疑問を持つ。
スチョルはヒョンチョルとソンジュの結婚を支持する理由が、財閥の息子と結婚できるからだというヘジュの言葉を聞き最悪の女だと皮肉る。 カッとなったヘジュはスチョルは先に席から立ち無礼だったと大声を張り上げ、突然現れたスチョルを見て驚く。 バランスを失いスチョルの上に倒れたヘジュはスチョルと唇が合わさり慌てる。
スンシムはヒョンチョルとソンジュの婚約が遅れて新しい家にかけた契約金を失ったため機嫌が悪い。 婚約をやめようというスンシムの言葉にヒョンチョルは怒り、自尊心を守るためにソンジュと結婚すると言うのだが…