韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-49話~51話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第49話」
ソンジュはピルドゥの屋台開業を邪魔したのが父マンボクだったという事実を知って怒りと悲しみで息をつまらせる。罪ない人々の希望をへし折ったのだと泣き叫ぶソンジュを見てギニョとオボク、ヘジュはショックの余り言葉を失う。
ヒョンチョルは婚約を取り消してすぐに結婚するとスンシムに伝える。 前とは違うヒョンチョルの毒気のかかった目つきを見たスンシムは息子を深刻そうに見つめる。スンシムは曲がったところのない真っ直ぐな人だったヒョンチョルが変わってしまったことを直感し心配する。
一方、ミネラルウォーター配達代理店社長は、マンボクの計略にのり、ドンスに止めて欲しいと言う。 ドンスはそこまで激しく対抗してくるマンボクにひどく驚くのだが..
「第50話」
マンボクは自分を訪ねてきたピルドゥをこれ以上は避けられないので真っすぐ見つめる。マンボクが名前を変えて事業に成功したことと、息子のドンスが愛しているソンジュはマンボクの娘だったという事実に混乱したピルドゥは冷静なマンボクの姿に裏切りを感じる。
ソンジュはマンボクが屋台開業を食い止めるために送った人々のせいで肩をケガしたオクシムをできるだけ看護し、ピルドゥとドンスの家族のために家事を引き受ける。そんなソンジュを見守るピルドゥの心は苦しく、マンボクはソンジュにドンスが傷つくのを望まないならどんなことがあってもヒョンチョルと結婚しろと脅しをかける。
一方、ヘジュはスチョルと唇を合わせた時の記憶を思い浮かべては胸をトキメかせる自分はおかしいと考え、スチョルもヘジュに対する感情を少しずつ育てて行くのだが…
「第51話」
ソンジュはヒョンチョルにドンスがいなければ生きて行けないと言い、どうか自分を見逃してほしいと涙ながらに頼む。しかし、ヒョンチョルは愛一つに人生をかけるのかと、ソンジュの愛を絶対に認めないと言う。自尊心を傷つけられたヒョンチョルは、本当に愛してみない限り理解できないというソンジュの言葉を無視してしまう。
マンボクはヒョンチョルとソンジュの結婚式の招待状を準備するが、驚いたソンジュはマンボクとピルドゥが故郷の友達ならもう一度ドンスとのことを考えて欲しいと言う。船の事故でピルドゥと背を向けあったマンボクは苦しむが、最後までソンジュには自らの過去を隠す。
一方、早朝ドンスがくれた指輪をはめたまま固い決心をしたソンジュは独立してたった一人で生きて行くと爆弾宣言をし、酷く興奮したマンボクに捕まって家に閉じ込められるのだが…