韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-52話~54話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第52話」
マンボクはソンジュの手の指輪を強制的に奪い取りオボクに渡し、すぐに捨てろと言う。泣きながらマンボクにすがりつくソンジュが可哀そうになったオボクはマンボクには内緒で捨てるふりをして指輪を保管しておく。父に裏切られたという思いや、侮蔑感に苦しんだソンジュは家を出て行こうとするが、マンボクは人を呼んでソンジュを家に押し込める。
ヒョンチョルはドンスのひじきの機械を手に入れるため機械工場の社長にドンスがもし残金を払うことができなかった場合、自分が五倍の値を払うと提案する。スンシムはヒョンチョルがソンジュとの結婚のことで判断力を失いつつあることが心配なのだが、ギニョからソンジュがヒョンチョルとは全く結婚する気持ちがないという事実を聞いて衝撃を受ける。
一方、スチョルと広報ビデオの製作作業をすることになったヘジュは女優に優しくふるまうスチョルが気に入らない。スチョルもまたそんなヘジュが気にかかる。撮影会場ではもちろん、会食場でもことごとくスチョルとぶつかり合うヘジュはスチョルが女優と踊っているのを見て拗ねて行ってしまうのだが…
「第53話」
ドンスは自分を訪ねてきたヘジュからソンジュが家に閉じ込められているという事実を聞いて心を痛める。ソンジュの家の門を間に挟んで再会した二人は涙を流しながら気持ちを確かめ合い、絶えて行こうと言う。そんな二人を見たマンボクはドンスに、次にソンジュの前に現れたら殺すと脅迫するが、ドンスは礼儀正しく挨拶し背を向ける。
スチョルの無関心さを虚しく感じたヘジュは自ら心をなだめるが、スチョルへの怒りがなかなか収まらない。スチョルは最後のダンスはヘジュとしたいと思っていたというメールを送り、ヘジュは自分が嫉妬したかのような展開にさらに怒りを爆発させる。
一方、ギニョはドンスの家を訪ねて行ってオクシムに、マンボクの代わりに許しを請う。しかし、すべてはマンボクのせいで起きたという事実を知らずにいたオクシムは裏切りに涙しピルドゥと再会するのだが…
「第54話」
マンボクが連れてきた連中に囲まれるドンスをただ見ているしかなかったソンジュはショックを受けて失神してしまう。驚いたマンボクはあわててソンジュを家に連れて行き、ギニョとオボクはマンボクの残忍さに言葉を失うが苦しいのはマンボクも同じだった。
ギニョは入院中のドンスを訪ねて行ってピルドゥに渡そうとしていた慰労金を渡す。気持ちだけ受け取りますと言い、ドンスは逆にソンジュのことを心配し自分は大丈夫だと伝えてほしいと言う。そんなドンスの優しさと強さにも、どうにもできず心が痛いギニョはただ申し訳ないだけだ。