韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-7話~9話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第7話」
ドンス(キム・ジフン)の弟ドンソク(ムン・ジユン)は妹ジェヒ(シン・ジュア)が町内の友達チャンウに冷やかされている現場を見る。腹を立てたドンソクは大きな石でチャンウを打ち倒そうとするが、ジェヒがあわてて止める。チャンウの父であるチョン社長はドンスに、日本側にひじきを売ることにするなら合意すると言い脅しをかける。
驚いたジェヒは病気で床につき、ソンジュ(チョ・ヨジョン)はドンスの家族のために食卓を整えようと忙しい。ドンスはチャンウを訪ねて行ってドンソクを前科者にするわけにはいかないと言う。ソンジュはオクシム(ヨ・ウンゲ)と近所のおばさんとの争いを止めようとして鼻血を噴出させる。
一方、ドンスはドンソクの合意金が3千万ウォンというチョン社長の話にびっくりするのだが…
「第8話」
ドンソク(ムン・ジユン)の合意金として3千万ウォンを準備しなければならないドンス(キム・ジフン)は悩んだ末に母の元を訪ねて行く。ドンスはソウルに上ぼり、仕事のし甲斐がないオクシム(ヨ・ウンゲ)は病気で床につく。ソンジュ(チョ・ヨジョン)はドンスが何も言わずにソウルに行ってしまったので虚しさを覚える。
ヒョンチョル(チョン・チャン)はソンジュを探しに莞島に赴く。偶然共同売場の事務室に立ち寄って泣いているジェヒ(シン・ジュア)に道を聞いてハンカチを渡す。ギニョ(キム・ポヨン)が送った興信所の職員はひじきの仕事をして歩いてくるソンジュを発見して捕まえようとするが、ソンジュは全力で逃げる。
一方、ヒョンチョルに会ったソンジュはドンスの家族に挨拶もできずにソウルに発つのだが…
「第9話」
ヒョンチョル(チョン・チャン)について行き、数日目にソウルに来たソンジュ(チョ・ヨジョン)は全てが珍しくて喜ぶ。オクシム(ヨ・ウンゲ)は言葉もなく行ってしまったソンジュを礼儀がない人だと思うが、ソンジュが追われていたところを目撃したピルドゥ(チョン・インテク)は何か事情があるのだと感じる。
マンボク(キム・ヨンチョル)は連絡がないソンジュを心配していたところ、ヒョンチョルの手を握って入ってきたソンジュを見て驚く。マンボクはソンジュに配慮するヒョンチョルを頼もしく見つめ感動する。ヒョンチョルはマンボクに、ソンジュの思いが一番大切なので、ソンジュがやろうとしていたインターネット ショッピングモールの運営を許してほしいと言う。
ソウルに行ってきたドンスは、ドンソクの合意金を用意するために莞島での暮らしを整理しソウルに行こうと言うのだが…