韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-70話~72話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第70話」
ドンスはファン社長の指示で、ひじき製品を売るためにサウナと女子大の前で奮闘する。熱意にあふれ真っ直ぐなドンスの姿に人々はドンスを単なる商人ではないだろうと関心を寄せる。ドンスは人々に物ではなく、自分の夢を買って欲しいと率直に話し、ヨンマンはドンスの話しぶりに感心する。
スチョルはヘジュに、編集が完成した広報ビデオとヘジュの普段の様子が収められたテープを渡し、ヘジュは思いがけないプレゼントに感動する。しかし、スチョルは自分が思う結婚相手ではないと再び気を引き締める。
一方、ドンスはソンジュに会って事業投資家たちに会えたのでもう一度機会を与えると言う。ソンジュはドンスを突き放すため、これまでの愛は愛ではなく、父に対する反抗心だったと言う。ドンスは思いも寄らないソンジュの言葉に衝撃を受ける…
「第71話」
ソンジュはいっそ自分は産まれなければよかったと絶望感に涙を流し、マンボクは苦しみで涙ぐむ。ギニョはソンジュとマンボクの間には自分たちも知らない秘密があることに気付くがマンボクの口からは何も聞けない。
スチョルとヘジュは映像作業を締め切り、スタッフと打ち上げを行うがそこでもまたピリピリした雰囲気になる。またもや酒に酔ったヘジュを家まで連れて帰ることになったスチョルは別れに悲しみを表わすヘジュとキスをし正式に付き合うことにする。
一方、ドンスはソンジュとの別れを受け入れられず酒に酔って病気になり、ヒョンチョルはジェヒからドンスとソンジュが別れたという話を聞いて衝撃を受ける…
「第72話」
ヒョンチョルはドンスがソンジュと別れ、病にかかっているというジェヒの言葉に驚く。スンシムはヒョンチョルのため息を聞いて心配し、会社のことだと何事もないように言うヒョンチョルを見てもっと不安になる。
マンボクはヒョンチョルから金貸しのファン社長がドンスに投資するという話を聞く。ヒョンチョルはドンスが投資を受けるなら、自分が推進しているひじきわさびプロジェクトに支障が生じると言い、マンボクにファン社長を処理してくれと言う。マンボクはすでにソンジュとドンスは別れたので簡単に決めることはできないと視線を外し、少し考えてみると言う。
一方、ドンスは契約のため朝早く出るが、ファン社長に会うこともできずピルドゥはドンスを心配し気をもむのだが…