韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-73話~75話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第73話」
ドンスは魂が抜けたかのように一日中バスの停留所に座り込み、書類の封筒を家に持って帰る。ピルドゥはソンジュのために投資契約まで諦めるのかとドンスを叱るが、ドンスはそんなピルドゥに冷たく、自分の事は放っておけと言う。
ジェヒはヒョンチョルに何かあると直感し、酒を飲んでいるヒョンチョルを訪ねて行く。ヒョンチョルは自分の事が心配だと言うジェヒの言葉に失笑し、なぜ兄さんは女と別れたのかと問い詰めるように尋ねる。ジェヒはヒョンチョルを気遣い席を離れようとするが、ヒョンチョルはジェヒを壁に押しつけてキスをする。
一方、ドンスは船乗りをしようと船員会社を訪ね、ソンジュは金を稼いで留学しようと留学院を訪ねて行くのだが…
「第74話」
ヒョンチョルは昨晩自分が突然キスをしたためにぎこちないジェヒの様子に困惑している。ジェヒは昼を食べたら退勤しろというヒョンチョルの言葉に、ドンスが病んでいるので家に早く帰らなければと言う。ヒョンチョルはソンジュが先にドンスに別れを告げたという事実を知り、ソンジュを訪ねて行って愛のために自分を踏みにじったのだから何が何でもドンスと結婚しろと言う。
ピルドゥは不法の船に乗ろうとするドンスを涙ながらに止めるが、ドンスは気を落としてから話を聞かなくなっていた。悩みの末にソンジュを訪ねて行き、どうかドンスを助けてほしいと哀願するピルドゥ。ソンジュはドンスに会うが、ドンスは元気で暮らせとだけ繰り返す。
一方、ハ船長はマンボクが自分を騙してすべての罪をかぶるように仕向けたことを知りマンボクを訪ねて行く…
「第75話」
ソンジュはドンスとの思い出の詰まった町内に座り、ドンスを思って激しく泣く。家に帰ったドンスは泣いているソンジュを見つけ、船に乗らないで欲しいと言うソンジュを抱きしめる。涙の和解を果たした二人は翌朝、手を握り合って楊坪行きの市外バスに乗る。
観光都市入札契約を結ぶことになったマンボクは、ドンスと結婚するというソンジュの電話を受けて衝撃を受ける。もうこれ以上マンボクの娘としては生きられないと言い、マンボクの代わりにドンスの側で贖罪する気持ちで生きるというソンジュ。ドンスと楊坪の町を歩き回って結婚の礼服を選び、指輪を合わせる。
そして、ソンジュとドンスは閑静な聖堂で静かで幸せな結婚式を挙げるのだった…