韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-79話~81話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第79話」
ピルドゥはドンスとソンジュの寝室を飾る壁紙を選ぶ。ピルドゥは寝室が母屋側だと不便だからと、自分が使っている部屋をドンスに与えようとする。ドンスはそんなピルドゥの思いに胸を熱くする。ピルドゥはファン社長を訪ねて行ったがダメだったというドンスの言葉に、一度でどうにかなると思ったのか、諦めるなと忠告する。
ジェヒは落ち込んで家に戻り、ソンジュは台所で手も付けられていない弁当を片付けようとしているジェヒを見て驚く。ソンジュは恋人とケンカしてお昼を食べられなかったのかと心配するが、ジェヒは人の心はよく分からないと言い涙を浮かべ、ヒョンチョルを初めから好きだったとし告白し、ソンジュは胸が痛む。
一方、ドンスはファン社長を再び訪ねて行きもう一度だけ機会が欲しいと頼むが、これを見ていたソンジュがファン社長を訪ねて行き、ドンスが約束を守ることができなかったのは自分のためなので許して欲しいと言う。内心ドンスを婿にする気があったファン社長は、ドンスが女のせいで約束を守らなかったという話を聞いて怒り、ソンジュは事務室の清掃を始めるのだが…
「第80話」
マンボクは投資説明会で広報ビデオに登場したヘジュを驚いて見つめるが、人々の好意的な反応に表情を和らげる。成功裏に行事を終えて満足するヘジュ。しかし、見合いの席で自分を雑に扱った財閥2世ミンジェと会い、教養あり気に挨拶する。
ジェヒは雨に打たれながらヒョンチョルが依頼した書類を胸に抱いて待つが、もう書類が必要なくなったヒョンチョルはジェヒのことを心配する。雨に降られながらも自分を待ち続けるジェヒにあきれたヒョンチョル。申し訳なさを表すヒョンチョルにジェヒは寂しさと嬉しさの混じった涙を流す。ヒョンチョルはドンスの妹であるジェヒに心を奪われないよう、全力を振り絞る。
一方、マンボクはファン社長を訪ねて行ってドンスに資金を出さないようお願いし、ソンジュはファン社長に自分は大きな罪を抱えながらドンスと結婚したのだと言い一度だけ機会を求めてお願いするのだが..
「第81話」
ハ船長はマンボクがピルドゥを破滅させたと言う汚名を自分に被せた事実を知って怒り、マンボクを訪ねて行って音声を録音する。もし問題が生じたなら警察署にテープを渡すと脅しをかけるハ船長。マンボクは180度変わったハ船長の勢いを宥めようとするが、ハ船長は一週間以内にマンボクの財産の内半分を渡すよう求める。
オクシムはギニョが持ってきた豪華な披露宴の食事に心が緩み、ドンスはファン社長の投資許可を受ける。その知らせに喜んだソンジュはピルドゥを抱きしめるが、ギニョが立ち寄ったという話を聞いて涙を落とす。お祭り騒ぎとなったドンスの家は久しぶりに笑いの花が咲く。
一方、スチョルはヘジュに正式にプロポーズしようと着飾り花を準備する。しかし同じ頃、ヘジュはミンジェと食事をしておりミンジェの態度の変化に驚くのだった…