韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-詳細-85話~87話-様々な困難を抱えたラブストーリー。キャストはキム・ジフン、チョ・ヨジョン。韓国では驚異の視聴率を記録!動画はもちろん、挿入歌、相関図も見逃せない!ネタバレありで最終回までお届け!


どれだけ好きなの
「第85話」
ヒョンチョルはジェヒの前で我を忘れて気楽に笑っている自分に気付きハッとする。ジェヒはそんなヒョンチョルの表情を見て申し訳なく思うが、ヒョンチョルはジェヒの膝に血まめができているのを見て驚く。ジェヒは膝を消毒して薬を塗ってくれたヒョンチョルに感動し初めからヒョンチョルのことが好きだったと告白してしまう。
ドンスは初恋はどんな子だったのかと言うソンジュの質問に、莞島にも美しくて心の暖かい女がいたと幸せそうに思い出す。そんなドンスを見て悲しくなったソンジュは、自分でも気づかぬうちに涙を流し、ジェヒの部屋に行ってしまう。ハッとして自分の初恋は他でもない母だと話すドンス。自分の人生の中にいる女性は母とソンジュだけだと言い何とかなだめるのだった。
一方、ジェヒとの関係を終わらせようとしていたヒョンチョルは町内でソンジュ、ドンスと会ってしまい驚く…
「第86話」
ドンスとソンジュはヒョンチョルの側で泣いているジェヒを見て驚く。ドンスはどうしてヒョンチョルを知っているのかとジェヒに詰め寄り、ソンジュは疑いと軽蔑の眼差しでヒョンチョルを見つめる。瞬間理性を失ったドンスはヒョンチョルの胸ぐらを捕まえ揺さぶるが、混乱したジェヒは気が遠くなり倒れる。
ヒョンチョルは自分の気持ちすら分からず深くため息を吐き、スンシムはヒョンチョルの車の中にあったクッションを見てヒョンチョルに女がいることを直感する。スンシムに押されて見合いの席に着いたヒョンチョルは、洗練されてはいるものの隙のない相手に馴染めない。
一方、マンボクはヒョンチョルにドンスを婿とは認められないので無条件で事業の邪魔をするよう言う。ドンスはヒョンチョルの妨害を受けひじき製品をスーパーに卸せなくなり、悩んだ末正面突破を図ることにするのだが…
「第87話」
ジェヒはヒョンチョルに自分がドンスの妹だから側に置こうとしていたのかと確認し、信じられずに涙ぐむ。努めて淡々としていたヒョンチョルは憔悴したジェヒの表情に触れ心が揺れる。全てが意図的であったというヒョンチョルの言葉に、もう終わりにしようと言うジェヒ。ヒョンチョルは怒りもしないジェヒの反応が意外で、寂しく席を立つジェヒの姿に当惑する。
ソンジュはマンボクがドンスの事業の邪魔をしていることを察知しスーパーの職員を訪ねて行って製品ブラインド試食イベントを提案する。自分はイテヤン水産の娘でありドンスの妻だと名乗り、正々堂々と競争させて欲しいと言うソンジュ。担当職員は信じられずにいたがソンジュの提案を受け入れる。
一方、ヘジュはスチョルのシナリオについて熱く討論を行いとても気が合うと感じる。気分良くなったヘジュはスチョルと夕食を食べにでかけくのだが、ミンジェからの電話を受けて当惑する…