韓国ドラマ-チェオクの剣-あらすじ-詳細-5話~6話-イ・ソジン、キム・ミンジュン、ハ・ジウォンなど豪華キャスト!好調視聴率で挿入歌も話題。日本語字幕動画、BS朝日でも放送。相関図も忘れずにチェック!


チェオクの剣
「第5話」
マ・チュクチ(イ・ムンシク)とガッチュル(クォン・ヨンウン)は牢獄を脱出し外で待機していたチェ・オク(ハ・ジウォン)とぶつかる。ソンベク(キム・ミンジュン)もガッチュルを救うために見張りをしていたが、ユン(イ・ソジン)が捕庁軍を率いて脱走者を捕えるため駆け付けており、実際に発砲命令が下されると銃弾の中から彼らを救いチェ・オクと再び顔を合わせる。山荘に戻ったソンベクはダルピョン(チョン・ホグン)と対立し、ガッチュルを置いて殴り合う。潜入に成功したチェ・オクとマ・チュクチもまた、ダルピョンの罠にかかりチェ・オクの正体を知るソンベクが立ち上がって庇い、知らんプリをしてここを離れろと言う。一方脱獄して囚人が逃げてしまった問題で粛宗(ソヌ・ジェドク)の問責が行われ、チョ隊長(パク・ヨンギュ)は計略があるので時間がほしいと言い一ヶ月の猶予を受けるが、脱獄問題により朝廷はユンを罷免し.. ソンベク一行に合流できないままチェ・オクは船着場で機会を待ち、脱獄して逃げたガッチュルを探す軍事の群れが検問を始めるとソンベクとガッチュルは緊張する。その時マ・チュクチが人々の間に騒乱を引き起こし、その合間を利用して川の中に潜んでいたチェ・オクが這い上がり、ソンベクとガッチュルを救って水の中に隠れる。マ・チュクチが待っているいかだに乗って命を救われたソンベクは、チェ・オク一行と共に行くことにするのだった。
「第6話」
山荘周辺で居酒屋を経営し、チェ・オク(ハ・ジウォン)一行の報せを待つウォネ(クォン・オジュン)とマ・チュクチの妻(ノ・ヒョニ)は鳩を利用して手紙をやり取りするが何の進展もなく残念がる。夜にこっそりと山を降りてきたチェ・オクは山荘に軍がとても多くて私鋳銭を作っている手がかりを全くつかめないと言う。一方捕庁では、罷免されたユン(イ・ソジン)の後任としてチョ・チオ(チョ・ジェヒョク)が従事官として赴任してきた。チェ・オクはソンベクの信任を得るためハンセン病患者が生活する村に付いて行って看護をする。チェ・オクはソンベクがおじさんと呼ぶハクチョル(チョン・ドゥホン)に見覚えがあったのだが.. チェ・オクは幼い時の大まかな記憶を辿り、ソンベクとハクチョルが重なるが、正確なことがわからず慌てる。ソンベクもまたチェ・オクと、幼少の頃のことと、父に関する記憶を辿ってみるのだが・・