韓国ドラマ-テバク(大儲け)-あらすじ-詳細-15話~19話-日本でも大人気のチャングンソクをキャストに、好調な視聴率。DVD動画、ラベルも人気!!


「テバク(大儲け)」
「第15話」
“殿下は.. 決して理由もなく恩恵を施す方ではない”
テギルが自分の兄であることを知るようになったヨニン君。スクビンを訪ねて行って事実確認をし、スクビンからテギルの正体を隠す他に方法がなかったワケを聞くことになる。そして、粛宗がテギルにケジャクドゥを捕えて来るよう命令したとの事実を知ったスクビン。テギルに機会を与えた粛宗のことを怪しく感じるのだった。一方、手段も方法を問わないという規則の下に闘牋勝負を行うテギルとケジャクドゥ!闘牋途中で二人の間に刃物が行き来し.. これを見たソリムは二人の戦いを止めようとするのだが…
「第16話」
“ごめんね 坊や…!”
いよいよタムソと再会したヨニン君!ヨニン君は殺人鬼となり帰ってきたタムソの姿を残念に思う。すべての悪人を処断するために殺人鬼としての道を選んだと言い放つタムソ。ヨニン君は背を向けるタムソに、次また会うことになれば罪を問うと言うのだが…一方、テギルはヨニン君と共にスクビンの居所へ向かう。スクビンは以前とは違うテギルの態度に、テギルが真実を知ったのだと勘付き..テギルを見て涙を流す。スクビンに‘お母さん’と呼びかけるテギル。スクビンはテギルに許しを請うのだが…
「第17話」
“直ちに私を救えと言っている…!!”
ガランと空いているマングムの館にショックを受けたテギル。館中には破けたマングムの診療記録簿だけが入っていた.. テギルは診療記録簿を持って恵民署を訪ねて行く。帳簿を探っていた途中、破けた部分を見つけた議員。議員はその時始めてマングムがその時生きていたという事実を思い出す。一方、刑場で死の準備をするイ・インジャ。イ・インジャはマングムを探し出したいなら自分を救えと言い、最後までテギルの心を揺さぶる。テギルはチェゴンが渡した求生牌を握ってイ・インジャを救うべきかどうかと葛藤するのだった…
「第18話」
“師匠を切るのなら.. 私から切らなければならないでしょう”
死んだものとばかり思っていたマングムと向き合ったテギル。二人は涙の再会を果たし、テギルはマングムに今すぐにでも一緒に暮らそうと言う。しかし、マングムは自分にはやるべき仕事があると言いテギルに後日の約束をするのだが..一方、粛宗の命を受けてイ・インジャを殺そうとしたチェゴン。無罪放免となったイ・インジャはおかしな気配を感じて逃げようするがチェゴンに捕えられてしまう。イ・インジャを切ろうとするチェゴン!タムソが撃った矢によりイ・インジャは死の危機から脱する..チェゴンの目の光を読んだタムソはチェゴンの剣で自分自身を刺すのだが…
「第19話」
“私心を捨てたなら,この血書に誓うように”
イ・インジャと意を一つにしようと決めたチョン・ヒリャン。イ・インジャはチョン・ヒリャンの前で自らの手を切り血書を書いて降りて行く。王になろうとする私欲を捨てたのならば血書に誓えというイ・インジャ。苦しんだチョン・ヒリャンはまもなく血書に誓いをするのだった..一方、ヨンニョン君の突然の死に釈然としない点を感じたヨニン君。世子を訪ねて行って死因を明らかにしてほしいと求める。しかし、ヨンイン君のためにはヨンニョン君の死因が食中毒であればよいと非常に冷たく言い放つ世子。世子の言葉にヨニン君は当惑するのだが…