韓国ドラマ-テバク(大儲け)-あらすじ-詳細-20話~24話(最終回)-日本でも大人気のチャングンソクをキャストに、好調な視聴率。DVD動画、ラベルも人気!!


「テバク(大儲け)」
「第20話」
“出してください。彼らが願うものを”
粛宗の崩御により新しい君主の座に就いたキョンジョン。イ・インジャはキョンジョンを訪ねて行きヨニン君を冊封するよう求める。ヨニン君を冊封するならば敵と味方を明確に区分できると言うイ・インジャ。キョンジョンはそんなイ・インジャを疑わしく感じていた.. 一方、チョン・ヒリャンから秘密裏に血書を渡されたホンメ。血書がホンメの元にあることを知ることになったイ・インジャ。イ・インジャの脅迫にホンメは血書を出すが、イ・インジャの命によりホンメを殺そうとするムミョン。その時、テギルが登場して…
「第21話」
“イ・インジャ 彼の逆心が天下に表れるだろう..!”
キョンジョンに老論大臣たちの命を生かしてほしいと懇請するヨニン君。しかし、キョンジョンは逆心を持っていた老論大臣たちを許すわけにはいかないと断固として断る。結局、キム・チャンチプを含む老論大臣たちは斬刑に処されることになり、ヨニン君は自分を信じて従ってきた老論大臣たちの死に絶望する。一方、キョンジョンにイ・インジャの逆心を確認させると同時にパク・ピリョンを探し出そうとするテギル。キョンジョンに義禁府、司憲府、漢城府など全てを動かすように求めイ・インジャを圧迫して行くのだが…
「第22話」
“イ・インジャ.. 彼を防ぎなさい”
キョンジョンの死によりかろうじて命を救われたイ・インジャ。歳月が流れ.. イ・インジャは民心を揺さぶる張り紙を始めとし、散らばっていたファン・ジンギ、パク・ピリョン、チョン・ヒリャンを集めて謀逆を企てる。そして、イ・インジャは自分の故郷清州を皮切りに乱を起こすのだった…一方、国民の血を見るわけにはいかないテギルは英祖を訪ねて行く。国民のことをを先に考えなければならないというテギルとは違い、大のためにならば小を犠牲にするという英祖。英祖はテギルにイ・インジャを防ぐのに五日の猶予を与えるのだが…
「第23話」
“民に対する信頼でございます”
テギルの計略により進軍に問題が生じたイ・インジャ。イ・インジャは残った兵士たちで進軍を続けるが、兵士たちはどんどん疲れて行く。結局、イ・インジャは通り道の村の倉庫を荒らして民衆の食糧を略奪するのだが…一方、作戦通り反乱軍の勢力を弱体化させるテギル。テギルは約束の五日より早く五軍営が宮を離れたという噂を耳にし急いで安城へ向かう。民の犠牲を防ぐために英祖に直言するテギル。その時、安城にイ・インジャの反乱軍がたどり着くのだが…
「第24話」(最終回)
“私は今日 君を殺しに来たのだ”
イ・インジャと内侍府の密室で面談する英祖。英祖はイ・インジャにイ・インジャと結託した大臣たちの名前を告白するよう命じる。しかし、最後まで明らかにしないイ・インジャ。自ら命を絶つ機会を拒み、結局は国民たちの前で極刑に遭う。一方、国民はテギルを君主として崇めるに至る。英祖にテギルは逆賊だとして追い出そうとする大臣たち。英祖はテギルがいる山荘を訪ねて行き、テギルは英祖から怪しい気配を感じて…