こんにちは!ショウコです!
トンイはいつも巻き込まれてばかりですね。
密かに調べを進めたいのに、これではいちいち目立ってしまいますね。
ヨンギもすぐにトンイに気付いて、現れたし…
テソクがトンイの居場所に気付かない事を祈ります。
そして、オクチョンは自ら出頭していきましたが、、
どうなってしまうのでしょうか。


「トンイ」
10話
トンイは何も言わなかったにもかかわらず、
オクチョンは自らの意思でトンイが釈放されるように自ら出向いた。
しかしこの状況を把握したトンイは
どうにかオクチョンの無実を晴らそうと動き出す。
そしてオクチョンはこの事件には関わっていないといえる事実を発見する。
トンイはテソクの部下に捕まりそうになるが、
それを阻止してくれたのは以前会った王様、スクチョンだった。
11話
まだスクチョンが王様だと信じていないトンイ。
どうにかオクチョンを救おうと、自分が調べた事実をスクチョンに話す。
そしてトンイの活躍により、無事に無実が証明された。
オクチョンはトンイには特別な才能があると見ていた。
しかしトンイには地位も何もない…
そんなトンイに、スクチョンはチャンスを与えようと考えた。
そしてトンイは王室に努める事に。
ここまできても、トンイはスクチョンが王である事にまだ気付いていません。
12話
しかしこれに反感を持つ者も…
それもそのはず、地位も何もないトンイが突然の異例の出世。
妬む者はいくらでもいた。
そしてどうにかトンイを不採用にする方法を考える者も…
トンイは大丈夫なのでしょうか。
一方、スクチョンはここにトンイが来た事で自分と会う事があれば
もうこれまでみたいに気さくには接してくれなくなるのだろうと考え落ち込んでいた。
スクチョンは、一般男性と同じように話してくれるトンイを気に入っていたのだ。
今日の感想
トンイは異例の出世を遂げましたね。
それもこれもトンイの優秀さが功を奏した結果。
それをしっかりと認めてくれる人に出会えて本当に良かったですね。
とはいえ、スクチョンはやっぱり落ち込み気味…
でもスクチョンが王様だとわかればもちろん、
それなりの対応をしなければ
トンイは更に敵を作る事になってしまいますからね><
今後この二人に何か展開があるのかな??