こんにちは!ショウコです!
トンイを狙う者は後を絶ちません。
しかもみんな息の根を止めるまでは諦めようとはしませんね。
そんなトンイを心配したスクチョンは
いったいどうするつもりなのでしょうか。
オクチョンもまた、お兄さんのヒジェが連れて行かれてしまった事と
スクチョンの件でさらにトンイに対する気持ちが高ぶっている様子…
では、気になる続きをどうぞ。


「トンイ」
31話
スクチョンは、トンイの事を王室にいられる女として定めた。
要するに、スクチョンの女だ。
もちろん反発する者もいたが、そこは王命で通す。
トンイの為にした事だと、自分にも言い聞かせている。
そんなスクチョンを見てハンは背中を押す。
そしてスクチョンはとうとうトンイに自分の気持ちを打ち明けた。
チョンスもまた、トンイがありのもあまの自分でいられるように
素直になれるように促した。
だが…トンイにとってそれは簡単な事ではなかった。
スクチョンとトンイはやっと結ばれそうなのだが
なかなか周囲の環境が難しい様子。
32話
トンイとスクチョンはやっと気持ちが通じ合えた。
ヨンジュとチョンスも祝福するが
スクチョンはこれまでどおり仲の良いヨンジュとチョンスにまで
焼きもちをやいているみたい(笑)
トンイはお世話になったウンテクを助けてくれるようにスクチョンに頼む。
これがおそくなっていたら、ウンテクの命は危なかった。
そして気になるオクチョンとトンスの関係。
やはりバチバチです。。
33話
トンイがオクチョンと揉める原因となったのは、
またしてもトンイが異変に気付いたからだった。
謎の病気が流行っているのだ。
オクチョンは最初は何も知らなかったものの、
自分の家族が関係しているということを知ってしまう。
そして同時にスクチョンにもこのことが耳に入るのだが…
頭のいいオクチョンはうまくくぐりぬける。
今日の感想
スクチョンはとうとうトンイのことを自分の女として迎えたのですね。
たしかに、外にいるよいもトンイの為にも安全です。
しかもやっと、二人の気持ちが通じ時あえたのが嬉しいです^^
まあ、オクチョンは気が気でないでしょうが、、
外的からはトンイは無事でいられるでしょうが
中にはオクチョンという強敵がいますからね><