韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-詳細-58話~62話-若手スターも多数登場で、20%以上の視聴率を記録した超大作。キャストはチェ・シラ、キム・ソックンなど。相関図で動画をもっと楽しく。最終回の展開は!?ネタバレあり!?


「千秋太后(チョンチュテフ」
「第58話」
キム・ウォンスン(キム・ビョンギ)一党は権力を取り戻すためにキム・ミラ(イ・テイム)を穆宗(イ・イン)に接近させ、そうとは知らない穆宗はキム・ミラを后妃として迎え入れることになる。一方、千秋太后(チェ・シラ)は自力で渤海の土地を取り戻すために宋の国と手を握り契丹を攻撃しようと決心する。いよいよ宋の国と契丹の間に戦争が始まり、この報せが高麗朝廷にも伝えられるのだが..
「第59話」
呂宋戦争が勃発したという斥候の報せが到着し、千秋太后(チェ・シラ)の命を受けたカン・ガムチャン(イ・ドクファ)とカン・ジョ(チェ・ジェソン)は大陸への出兵を急ぐ。しかし出兵の前哨基地である鎬京(=西経)に地震が発生して大陸の土地を取り戻そうとする千秋太后の夢は挫折してしまう。三年後、穆宗(イ・イン)の治世も安定して行き千秋太后は穆宗に王権を渡して摂政から退く準備をするのだが..
「第60話」
穆宗(イ・イン)が邀石宅主キム・ミラ(イ・テイム)の懐妊の報せを受け喜びに酔っている頃、キム・チヤン(キム・ソクフン)はキム・ウォンスン(キム・ビョンギ)一派と邀石宅主の兄を捕らえろとの命令を下す。これを知った穆宗は怒って直ちに彼らを放免するよう命令を下す。
これに対しキム・チヤンは穆宗を訪ね、邀石宅主がキム・ウォンスンの密命により穆宗に接近しただけではなく、キム・ユンデ(クォン・ヒョクホ)と内通して懐妊したという事実を知らせる。その事実に絶望した穆宗は引きずられて行くキム・ミラの首を刃で狙うのだが..
「第61話」
キム・チヤン(キム・ソクフン)は自分の正体を追っているチョン・ヒャンビ(ホン・インヨン)を殺した後、その事実を隠すために部下たちに、女真族の服を着て村を攻撃させる。カン・ジョ(チェ・ジェソン)はチョン・ヒャンビの死はキム・チヤンによりもたらされたと確信し、それによって片箭でキム・チヤンを攻撃することになる。この事件によって朝廷の大臣たちは千秋にカン・ジョを追い出すよう奏請を上げることになる…
「第62話」
千秋太后(チェ・シラ)は国民のために貴族の収租権を縮小する改革を断行しようとするが、朝廷大臣たちから激しく抵抗される。カン・ジョ(チェ・ジェソン)はキム・チヤン(キム・ソクフン)の陰謀に陥り外職に就くことになる。
一方、邀石宅主キム・ミラ(イ・テイム)の死後苦しい毎日を送っていた穆宗(イ・イン)は再び媚薬を探し始め、この報告を受けたキム・チヤンはついに機会が訪れたと会心の笑みを浮かべるのだが..