韓国ドラマ-大切に育てた娘ハナ-詳細-あらすじ-28話~33話-BS日テレで放送!ネタバレ、キャストもあり。最終回まで目が離せない!動画、DVDやOSTも発売中。


大切に育てた娘ハナ
28話
ドヒョンはウンソンのために大層苦労をし、松露水(ソンロス)を手に入れて、寮へ戻った。
ウンソンにファンソ醤油の嫁ノートを伝えるヒョソン。母のノートとドヒョンの尽力により、ウンソンは後継者試験準備を無事終わらせることに成功する。
一方、ユンチャンはソル会長に、ファンソ醤油が倒産しても、ウンソンだけは保護してほしいと願い出た。
29話
ウンソンを応援したファンソ醤油の職員たちのリストを作成したチョンランは、それを殺傷リストとしてラゴンに渡す。
ジョンスンはラゴンの力になる人脈としてSSグループとの人間関係を利用しようと目論み、ドウンを自宅へ招待する。
30話
自分の70歳の誕生日は静かに過ごしたい、とキム秘書に告げるパンロ。
ドヒョンとウンソンは、ウンソンに会うべく突然量を訪れたドウンに戸惑う。
チョンランの連絡を受け、ドヒョンと共に自宅へ戻ったウンソンは、チョンランがドヒョンを婿として受け入れる為に招待したと知った。
31話
ドヒョンがSSグループの息子であることを隠していたのかについて憤るウンソンに、困惑するドヒョン。
ジョンスンとチョンランはラヒの結婚相手としてドヒョンが気に入り、彼らを繋げるためにボイラー室のガスコックを故意的に閉めて出かけて行った。
その頃、ユンチャンはウンソンの部屋でハミョンの名の処方箋を見つけ、疑問に思う。
32話
パク課長から後継者試験1次の結果は同点であったと告げられ、不安に思ったラゴンは、最終試験の問題を事前に知ろうと考えた。
チョンランはパンロの会長室に密かに忍び込み、試験問題が書かれたヨンジャンチョンソの写本をコピーして、ラゴンに手渡す。
ドヒョンはその頃、ウンソンへの想いで悩まされており、自宅で寝ると伝えて寮を出た。
33話
ラヒは、ウンソンを呼び出し、ドヒョンを愛していることを伝えた。ウンソンに二人の仲を取り持ってほしいというのだ。
そのころ、パンロはファンソ醤油の株式を集中買収している会社があるという事実を知り、後継者の最終試験日程を早めることにした。
一方、ハミョンはウンソンに本を渡すため、寮によった際に鯉キーホルダーを落とし、それをユンチャンに拾われていた。