韓国ドラマ,大王世宗,あらすじ,相関図,感想,ネタバレ,動画,キャスト,視聴率,最終回,サンテレビ,BS11,BS日テレ,ラベル,テワンセジョン


キム・サンギョンが演じるは、主役の大王世宗。そして、彼は韓国のグラミー賞、ドラマ部門最優秀演技者賞を受賞した。また、ソホン王后演じるイ・ユンジが優秀演技賞を受賞。そして、イ・ヒョヌは幼少期の世宗を演じて青少年演技賞を受賞した話題作!
「大王世宗」
34話
失敗はあります。問題は失敗を認めて反省するかしないかというです。 反省する者には機会が与えられます。敵の挑発を誘導して征伐の名分を作れという計画と命令。イチョンの最も大きな罪目は、その命令を忠実に履行したことなのだ。イチョンに白衣従軍で罪の代価を支払わせるとするなら、命令を下した世子にはどんな罰を下すことが正しいの?ユ・ジョンヒョンはチュンニョン大君に難しい質問を投げかける。世子ヤンニョンが煙突軍を北方に送った理由が、北方征伐のための事前作業であったことを知るようになったファン・ヒはヤンニョンに、全てを白状し許しを請うよう忠告する。 敬差官が都城に帰ってくれば、全てが天下に知れ渡ってしまうとわからぬはずもないヤンニョン。果たして世子ヤンニョンはどんな選択をすることになるのだろうか? 一方チュンニョン大君の妻の父である吏曹判書シム・オンを訪ねて行ったオリはシム・オンに一つの取り引きを提案する。自分の存在を明らかにしてチュンニョン大君を王座に上げる代わりに世子の廃位を企ててほしいという大胆な提案をしてくるのだが・・・
35話
間違いだ、違う、そうじゃない。逆に指摘するのは簡単なことなのです。しかし決めるというのは、決める者になるということは違う問題です。太宗がミン氏と温泉地に行き都城を離れている合間を利用し、軍事を導いて鏡城へ向かった世子ヤンニョン。キム・ハンロ、イ・スクボンなど世子支持派は朝廷重臣にその事実を隠すため、世子は狩猟に行ったと嘘をつく。 国境は危険に陥っており、国王が都城を空けているこんな時に狩猟とは。 重臣は世子に対する最後の希望までも失ってしまうことになり、パク・ウン、シム・オンにチュンニョン大君を都城にお呼びしようと薦める。キム・ジョンソ、チョン・インジなどの下級官員も同じ考えを持つがシム・オンは迷う。この時、婿を本当に‘逆党’にしてしまうのではないか! ユン・フェもやはりチュンニョンに共に都城に行こうと説得するが、チュンニョンはユン・フェを送り返す。事実チュンニョンが帰る気にならないのは、世子より上手くやっていけるという確信がないからなのだ。彼はそんな胸の内を領相ユ・ジョンヒョンに打ち明ける。 一方ファン・ヒは世子が中央軍を導いて鏡城へ向かっているという事実を知り、これが最後とばかりに世子を説得しようとするのだが・・・
36話
私の刃になってくださるのですか?私を守るための刃でなく、私をねらう刃に。私が傲慢や独善によって誤った決定をしようとするその時、その決定を切りさいてくれる刃に。咸吉道鏡城、チュンニョンは中央軍を引きつれてきた世子ヤンニョンの前に立ちはだかる。逆徒になりたくなければ直ちに道を開けろと言うヤンニョンに、チュンニョンは本当の逆徒はあなただと言い、今すぐに軍を引き返させなければ世子の席を奪い取ると言い放つのだった・・・軍を都城に連れ戻した世子ヤンニョンを待っていたのは冷たい臣下の反応と、世子を罰しなければならないと浴びせかかる上訴のみ。この件に関して最後まで口を開こうとしない太宗は、世子が帰ってきたら反省するだろうと内心期待していたのだ。 しかしヤンニョンは反省どころかチュンニョンの妨害さえなかったなら領土を拡張できたはずだと言い、太宗の期待を裏切ってしまう。擇賢論。長子を捨てて賢者を選ばなければならない。領議政ユ・ジョンヒョンは太宗に命をかけて忠言を申し上げるのだった。それならば誰が賢者だというのか。朝廷重臣の意見は入り乱れ始め、太宗は都城に上ってきたチュンニョンに世子の座を受け入れる意志があるかと尋ねるのだった。
37話
“世はこの父に、お前を捨てて賢者を選べと言う。父はお前が賢者になってくれればと思うのだが”長子を捨てて、賢者を選ぶべきだとしたら、受け入れるのかと尋ねる太宗。チュンニョンは賢者になろうと努力する姿勢は持っていると答える。これに対し血を分けた実の兄を相手に取ってに戦う意志があるのかと尋ねるミン氏。チュンニョンはそれすら甘受する意志があると答えるのだが・・予想外に確固としたチュンニョンの意思表明!この便りは宮内外に素早く広がって行き、新しい世子に対する期待が高まっていく。しかし、太宗は簡単に決定を下しはしない。代わりにヤンニョンに自分の側近を直接処刑し、血に染まった手を握りしめながら反省し、新しい世子として生まれ変われと命令する。世子の本心が読めない朝廷の重臣たちは心を痛め、上王チョンジョンはヒョリョンを次期世子として台頭させる決心を固める。現在の世子にはその資質がないということはすでに天下に表われているし、チュンニョンは過去に国家の正統性を否定した罪人であるため、ヒョリョンが適者だというのだ。そしてチョンジョンは公開的にチュンニョンの理念検証を主張する。またもや政局は揺れ動き、混乱をきたしている渦中に正体不明の誹謗が宮廷を覆うのだった・・・